三井倉庫ホールディングス/中期経営計画2017を策定|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:三井倉庫ホールディングス/中期経営計画2017を策定

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

三井倉庫ホールディングス/中期経営計画2017を策定

中期経営計画2017策定に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、2022 年 3 月期を最終年度とする「中期経営計画2017」 を策定いたしました。

1.策定の目的

当社グループは、2015 年 5 月に 2018 年 3 月期を最終年度とする中期経営計画「MOVE2015」 を策定し、グローバル・ロジスティクスカンパニーへの新たなステージへ向けてアジアパシフィッ クにおける成長領域への集中投資等様々な施策を実行してまいりました。国内外における物流施設 への投資や積極的なM&Aの実施等一連の事業拡大により、多様化するお客様のニーズに対応可能 なフルスペックの物流機能の構築を完了し、根本的な課題である不動産事業への依存からの脱却に 向けて着実に歩みを進めております。 一方で、外部環境の変化やグループシナジー創出の遅れ、新規業務獲得の遅れ等により、「MOV E2015」で掲げた数値目標は達成困難な状況となっております。また、2017 年 3 月期決算にお いて、買収した子会社の事業計画や一部物流事業用資産の回収可能価額を中長期を見据え慎重に見 直したことにより、多額の減損損失を計上し自己資本を大きく毀損いたしました。 このような状況を反転させるべく、新経営体制の下、既に様々な施策に着手を開始しており着実 に成果が現れてきている状況にあります。今般策定した新たな 5 ヵ年計画「中期経営計画2017」 では、事業リスクを充分に考慮し具体的な施策を着実に積み上げることで、足元の 2018 年 3 月期を 含めた最初の 3 年間で反転を終え、残り 2 年間で持続的成長へとつなげてまいります。そのために、 まずは「抜本的な事業収益力の強化」として、聖域なきコスト削減と営業力の強化に取り組みます。 また、抜本的な事業収益力の強化に加え不要不急の投資を抑制するとともに、非効率資産の見直し により自己資本を回復し「財務基盤の再建」を図ります。さらに、グループ一丸となりソリューシ ョン提案力で各事業間の未取引事業分野へ横展開する「グループ経営の強化による顧客起点の統合 ソリューションサービスの構築」を図り、更なる成長の原動力といたします。これら3つを事業運 営の基本方針とし、制度改革を含めた企業風土の変革にも取り組みます。 総合物流企業としてのフルスペックの物流機能を活かし、国や地域、業種の垣根を越えてお客様 の課題解決に取り組むことで、「お客様から信頼されるファーストコールカンパニー」を目指します。 本計画を確実に実行し、株主の皆様をはじめとするステークホルダーの皆様との信頼を再構築し てまいります。

2.事業運営の基本方針 「中期経営計画2017」~反転から持続的成長~

① 抜本的な事業収益力の強化

② 財務基盤の再建

③ グループ経営の強化による顧客起点の統合ソリューションサービスの構築

3.数値目標(2022 年 3 月期末)

営業利益 100 億円

有利子負債残高 1,300 億円

D/Eレシオ 2.0 倍以下 ROE 9.0%超


2017年11月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
三井倉庫ホールディングス/経常利益は前年比165・8%増(平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))
丸全昭和運輸/働き方改革がスタート
ロジネットジャパン/経常利益は前年比13・6%増(平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))
ヤマトロジスティクス/日本初の三辺自動梱包機を厚木ゲートウェイに導入
日本郵政/郵便・物流事業セグメントの経常収益は前年比235億3900万円増(平成30年3月期 第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結))

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「三井倉庫ホールディングス」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ