東海汽船/伊豆諸島航路向け貨客船の建造と船体カラーリングデザイナーを決定|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:東海汽船/伊豆諸島航路向け貨客船の建造と船体カラーリングデザイナーを決定

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

東海汽船/伊豆諸島航路向け貨客船の建造と船体カラーリングデザイナーを決定

伊豆諸島航路向け貨客船の建造と、船体カラーリングデザイナーの決定について

東海汽船株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山﨑潤一、以下当社)は、伊豆諸島航路向けの貨客船1隻を
2020年7月頃に就航させることを決定した。

この新造船は、1992年より東京~伊豆大島~神津島航路および夏季の東京湾納涼船として運航してい
る「さるびあ丸」(4,992㌧)の代替となる。

新造船は、約6,000㌧となり、安定した運航とエネルギー効率の向上、また環境負荷の低減やバリアフリー
に対応したエコシップとなる。

なお建造する造船所および建造費用は公募のため、現時点では未定。

その他近年、伊豆諸島は星が美しく見えることで「プラネタリウムアイランド」として注目されており、
夜の航海を楽しむための工夫を随所に組み込む予定である。

そしてこの新造船の船体カラーリングデザインを、2020年6月頃の同時期に就航する高速ジェットフォイル
同様、アーティストの野老朝雄(ところ あさお)氏に依頼した。
野老氏は、9.11以降、「繋げる事」をテーマに紋様制作を始め、大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラス
パターン、BAO BAO ISSEY MIYAKEに『TOKOLO PATTERN』アートワーク提供、東京2020オリンピック
・パラリンピックのエンブレムのデザインを手掛けるなど、美術・建築・デザインの境界領域で活動を続けて
いる。
当社が本土と伊豆諸島とを「繋ぐ」橋渡し的な役割を担っていることから、船体へのカラーリングを手掛けて
いただくこととなり、新造する高速ジェットフォイルと併せて2隻ほぼ同時期に就航することから、東京湾を
航行する同船に注目していただきたい。

2017年11月10日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
佐野市/佐野インランドポートが開所
日本通運/10月の鉄道コンテナ取り扱い実績は前年比99・3%
丸全昭和運輸/働き方改革がスタート
全日本トラック協会/桝田好一警察庁交通局長へ要望
東海汽船/経常利益は前年比19%増(平成29年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「東海汽船」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ