郵船ロジスティクス/NPO法人 アジア車いす交流センターの障がい者支援活動をサポート|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:郵船ロジスティクス/NPO法人 アジア車いす交流センターの障がい者支援活動をサポート

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

郵船ロジスティクス/NPO法人 アジア車いす交流センターの障がい者支援活動をサポート

NPO法人 アジア車いす交流センターの障がい者支援活動をサポート

インドネシアに車いすを無償輸送

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)はNPO法人アジア車いす交流センター(WAFCA)の障がい者の自立支援活動に賛同し、日本製車いすをインドネシア向けに無償輸送しました。10月11日には公立ブカシ県特別支援学校で寄贈式が行われ、車いす3台が贈られました。

 

アジア車いす交流センター(WAFCA)は株式会社デンソーの創立50周年を記念する社会貢献事業として、1999年に設立された非営利団体です。障がい者が社会で自立できる環境づくりを行い、バリアフリー社会の実現に寄与することを目的に、日本及びアジアでの車いすの普及活動や、スポーツ、教育分野における支援、交流などの様々な活動を行っています。

 

今回の寄贈プロジェクトは、介護ヘルスケア事業を展開する株式会社豊通オールライフがWAFCAの活動に賛同して日本製車いす20台を提供し、WAFCAインドネシアと連携して、お預かりした車いすを当社と当社インドネシア現地法人PT. Yusen Logistics Indonesia(社長:D.Budijanto)が無償で一貫輸送することで実現しました。

 

10月11日には西ジャワ州ブカシ県にある、公立ブカシ県特別支援学校で、車いす寄贈式及びバリアフリー化の改修がされた校舎の引渡式が行われました。在インドネシア日本大使館・安藤重実参事官、ブカシ県社会局・ラフマットエリカ課長、デンソーインドネシア・亀苔武之社長の他、PT. Yusen Logistics Indonesia会長の川田和男らが出席し、同学校の生徒によるオープニングパフォーマンスや、改修された校舎の見学会、記念撮影などが行われました。

 

当社は社会の構成員として、Visionに掲げる「ロジスティクスで人を、ビジネスを、社会を、より良い未来へつなげます」を実現するために、一人ひとりが高い意識を持って、今後も社会貢献活動に積極的に取り組んでいきます。

 

寄贈式での集合写真

 

バリアフリー化 改修工事完成式の写真

 

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

2017年11月 9日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本郵船グループ/世界各地で勤務するナショナルスタッフの集合研修を合同開催
住友金属鉱山/連結子会社が特殊合金鋳造品の製造・販売事業から撤退
鴻池運輸/社員が「平成29年度自動車関係功労者国土交通大臣表彰」を受賞
アルテック/Kardex Remstar製 自動収納庫システムの国内販売を開始
Amazon/世田谷アーバンFCでリーダーシッププログラムを実施

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「郵船ロジスティクス」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ