国土交通省/中山間地域における道の駅「ひたちおおた」で高速バスの貨客混載事業との連携等、実証実験を開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/中山間地域における道の駅「ひたちおおた」で高速バスの貨客混載事業との連携等、実証実験を開始

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/中山間地域における道の駅「ひたちおおた」で高速バスの貨客混載事業との連携等、実証実験を開始

中山間地域における道の駅等を拠点とした自動運転サービス
道の駅「ひたちおおた」において実証実験をスタート
~高速バスの貨客混載事業との連携等も実施~

平成29年11月8日

 道の駅「ひたちおおた」(茨城県常陸太田市)において公募型としては全国で初となる実証実験を11月18日(土)から開始します。

 国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で、順次、実証実験を行うこととしております。
 今般、公募型※としては全国で初となる実証実験を11月18日(土)から11月25日(土)までの間、道の駅「ひたちおおた」(茨城県常陸太田市)において実施します。実験では高速バスの貨客混載事業との連携等も行います。
 実証実験の開始にあわせて、11月18日(土)に実験開始式を以下の通り行いますので、お知らせいたします。(概要は添付資料をご確認ください。)
※地域からビジネスモデル等の提案を募集し選定。主にビジネスモデルを検討。


[実験開始式]
  1.日 時 : 平成29年11月18日(土) 11時00分から
  2.会 場 : 道の駅「ひたちおおた」イベント広場
          (茨城県常陸太田市下河合町1016-1)
  3.主 催 : 道の駅「ひたちおおた」を拠点とした自動運転サービス地域実験協議会
  4.概 要 : 挨拶、実験概要説明、実験車両説明、テープカット、実験車両試乗 等
       ※報道機関の方で取材、実験車両への試乗をご希望の方は、11月17日(金)17時までに、以下担当へご連絡ください。
       関東地方整備局常陸河川国道事務所(TEL:029-240-4061 担当:高森、岩崎)


※本実験は、内閣府戦略イノベーション創造プログラム(SIP)のプロジェクトの1つとして実施するものです。

添付資料

記者発表資料(PDF形式)PDF形式


2017年11月 8日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
財務省/10月上中旬の輸出は前年比17・3%増、輸入は前年比26・4%増
日本通運/インドネシア日本通運、インドネシア税関からAEO認証を取得
NEC/AI(人工知能)技術を活用したBTO製品の高精度な需要予測を開始
日本物流団体連合会/平成29年度モーダルシフト取り組み優良事業者の大賞は日本通運に
アルテック/Kardex Remstar製 自動収納庫システムの国内販売を開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ