物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

KONOIKE グループ/事故ゼロを目指す取り組みを強化、トラックドライバー・コンテストを初開催

事故ゼロを目指す取り組みを強化「トラックドライバー・コンテストを初開催」ーグループの選抜ドライバー25 名が技能を競うー

2017.11.01
 KONOIKE グループは、10 月21 日(土) 、グループのトラックドライバーの運転・整備技能を競う「第1 回 KONOIKE グループ トラックドライバー・コンテスト」を、愛知県トラック協会 中部トラック総合研修センター(愛知県みよし市) で開催しました。
 当大会は、グループ全社のトラックドライバーの法令順守と技能向上に加え、全社員の安全運転の意識高揚を目的に、初めて開催したものです。従来は、各地域のトラック協会が主催する競技大会に参加していましたが、自社グループ内でも開催することで、運転や点検技術、法令・安全知識をさらに深めるとともに、部門や地域を越えて競い合うことで、相互の気づきや切磋琢磨の機会とすることが狙いです。
 第1 回となる今回は、4t(中型)、10t(大型)、トレーラーの3 部門ごとに競われたコンテストに、全国各地のKONOIKE グループを代表するドライバー25 名が参加。学科、点検、運転実技の3 種目に挑戦しました。特に、運転実技に際しては安全無事故運転に不可欠な交通法規の順守、基本操作技術について、KONOIKEグループの順守基準「KONOIKE 運転スタンダード」を参考に、同研修センターの教官による厳しい審査が行われました。また、点検競技では、日野自動車株式会社の指導員による採点が行われ、緊張感あるコンテストとなりました。
 最終的に各部門の上位選手9 名が表彰され、さらなる意識と知識、技術の向上を誓い合いました。

◆ 鴻池運輸 代表取締役 清水副社長の講評
事故は減少傾向にあるが、残念ながら加害・自損事故ゼロは未達。ドライバーとしての知識、技能に優れた存在としてグループから選抜され参加した皆さんは、グループ全ドライバーの模範となって、本日得た新たな気づきを職場で共有し、全員で事故ゼロを目指してほしい。

◆ 鴻池運輸 経営品質本部本部長 福岡執行役員のコメント
最大の狙いは、加害事故の防止・削減にある。幸い重大な加害事故はここ数年発生していないが、一つ間違えば社会的に大きな影響を及ぼす事故にもつながる。運転・点検技能の向上努力はもちろん、決して事故を起こさないという強い意志を持ち、業務に臨んでほしい。