国土交通省/標準貨物利用運送約款を改正|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/標準貨物利用運送約款を改正

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/標準貨物利用運送約款を改正

標準貨物利用運送約款の改正について

平成29年10月30日

 貨物利用運送事業における適正運賃及び料金の収受を推進するため、標準貨物利用運送約款の改正を行います。 

貨物自動車運送事業においては、適正運賃及び料金の収受を推進するため、すでに標準貨物自動車運送約款等が改正され、運送の対価としての「運賃」及び運送以外の役務等の対価としての「料金」を適正に収受できる環境が整備されたところです。
今般、貨物自動車運送事業を利用して事業を行う貨物利用運送事業においても、同様の改正を行うこととします。


1.標準貨物利用運送約款の改正について
標準貨物自動車利用運送約款及び標準鉄道利用運送約款について、以下のような改正を行うことにより、運送の対価としての「運賃」及び運送以外の役務等の対価としての「料金」を適正に収受できる環境を整備します。
(1)運送状等の記載事項として、「積込料」、「取卸料」、「待機時間料」等の料金の具体例を規定
(2)料金として積込み又は取卸しに対する対価を「積込料」及び「取卸料」とし、荷待ちに対する対価を「待機時間料」と規定
(3)附帯業務の内容として「横持ち」等を明確化 等


2.スケジュール
告示の公布 : 平成29年10月30日
告示の施行 : 平成29年11月 4日
 


2017年10月30日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本通運/「単身パック積んでみる1.5立法メートル」キャンペーン第二弾を実施
国土交通省/平成29年度「モーダルシフト等推進事業」(補助事業)の二次募集を開始
京阪電気鉄道/「オープン型宅配便ロッカー」を新たに2駅に設置し
国土交通省/日産自動車における完成検査の不適切な取扱いを受けた他の自動車メーカー等における確認の結果、不適切な取扱いはないと報告
トランコム/経常利益は前年比5・1%増(平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ