丸運/2017 年度下期 CSR 推進会議を開催|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:丸運/2017 年度下期 CSR 推進会議を開催

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

丸運/2017 年度下期 CSR 推進会議を開催

2017 年度下期 CSR 推進会議を開催

当社は 10 ⽉ 6 ⽇に「2017 年度下期 CSR 推進会議」を開催し、「コンプライアンス」「品質」「安全」「環境」「社会 貢献」の 5 つの重点分野における 2017 年度上期の活動実績および下期の活動計画を報告しました。 本会議は、当社および当社グループ各社を対象とした 5 つの重点分野に対応する委員会を統括するもので、従業員 ⼀⼈ひとりが CSR活動に真摯に取り組み、誠実に業務を遂⾏することを通じて、顧客満⾜度の向上と社会に対する責 任を全うし、もって信頼される企業グループを確⽴することを⽬的としています。 それぞれの 2017 年度活動⽅針は下記のとおりです。

(1) コンプライアンス委員会

丸運グループから法令違反は絶対起こさないとの信念のもと、従業員⼀⼈ひとりが企業活動のあらゆる場⾯におい て法令遵守はもとより社会規範・企業倫理に則って誠実に⾏動することを基本とする。

(2) 品質委員会

品質(輸送・保管・防犯・リスクの管理等)⽔準の維持、向上を図ることにより、お客様に対して良質の物流サービ スを提供する。

(3) 安全委員会

丸運グループ各社は、安全運⾏・輸送、安全作業を基本に、お客様に満⾜いただける効率的かつ安全な物流サ ービスを提供する。

(4) 環境委員会

丸運グループ各社は、物流事業を通じて環境負荷の軽減を図り、社会の発展に寄与する。

(5) 社会貢献委員会

2016 年度の活動を基調として、重点分野に沿った活動を継続するとともに、特に次世代育成⽀援に繋がる活 動を拡⼤する。各店所、グループ各社に於いては、交通安全活動やボランティア活動等の「地域に密着した活動」 に関して、積極的に取り組む。


2017年10月17日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
栗林商船/船舶の取得を決議
成田空港/国際航空貨物取扱量 6,000 万トン達成
日立製作所/多品種少量生産工場における生産リードタイム短縮を実現する「工場シミュレーター」を提供
全日本トラック協会/乗務中の携帯・スマホ操作の禁止徹底を呼びかけ
UDトラックス/女性ドライバーによる新型「クオン」試乗会を開催

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「丸運」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ