物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

鴻池運輸/日本の臨床検査技術・ノウハウをインドに伝授

日本の臨床検査技術・ノウハウをインドに 鴻池運輸がデリーで技術情報交流セミナー開催 豊富な技術・ノウハウを有するJ-VPD(株)とともに

2017.10.16
【ご参考:本件は10月6日(金)に インド国 デリー市において発表を行ったものです】

 10月6日、インド国・デリー市内で日印の臨床検査の概況と技術に関する情報交流セミナーを開催し、同国内の医療機関や臨床検査会社などの医師・検査技師や会社幹部らを招待、およそ110名が出席しました。
 このセミナーは、鴻池運輸が日本のJ-VPD株式会社(社長:山田哲児、本社:東京都新宿区、以下、J-VPD)とともに現在推進中の、「平成29年度医療技術等国際展開推進事業『インド国における国際検体事業実現に向けた技術研修』※」の一環として開催したもので、在インド日本国大使館、デリー医師会の後援で実現したものです。
※本事業は、国立研究開発法人国立国際医療研究センター(NCGM)が主体となって実施する厚生労働省より委託された事業です。
2017年7月10日 報道発表(http://www.konoike.net/news/detail.php?id=283)

 インドでは人口や経済規模の急拡大に伴い、需要が急増する医療業界、臨床検査業界において、遺伝子や染色体などの高度分野における検査技術や人材、設備の不足による検査の精度や品質、コスト、さらに輸送時の品質やリードタイムの管理など、多くの課題が顕在化しています。
 今回2社が本セミナーを共同で開催した目的は、これらの課題解決に貢献できる世界トップクラスの技術、品質、コスト競争力などを有する日本の臨床検査の仕組みや技術的特長を、同国の医療関係者に周知するとともに、日本の運営管理の高い信頼性を理解していただくことにあります。
 本セミナーの中で、両社の代表者は下記のようにコメントしています。

◆J-VPD 代表取締役社長 山田 哲児のコメント
 「J-VPDは、これまで培ってきた日本国内の高精度な検査技術を生かし、インドの医療の発展に貢献できるよう、本事業の立ち上げに際し初めてインドに拠点を設立し、鴻池運輸とともに本日その第一歩となるセミナーを開催することができました。これもひとえに信頼をおける関係者の皆さんに出会えたおかげであり、深く感謝申し上げます。」

◆鴻池運輸 執行役員 メディカル事業本部 本部長 天野 実のコメント
 「今後の予定はまず第一に、日本の臨床検査技術やサービスをご理解いただくために、実際にそれらをご利用していただくインドの医療関係者の中から10名を、本年12月に日本で実施する臨床検査ラボや医療機関の視察を含めた研修ツアーにご案内する予定です。第二に、インドの病院を対象に、すでにJ-VPDとともに試験運用中の国際航空便を使用した国際検体サービスの本格稼働を目指してまいります。」


■J-VPD株式会社の概要
商 号:J-VPD株式会社
代表者:代表取締役社長 山田 哲児
本社:東京都新宿区愛住町23-14 
会社設立:2017(平成29)年3月1日
資本金:30百万円
従業員数:18名
事業内容:国際臨床検査事業、医薬部内外品の販売および輸出入、医療機器販売および賃貸業、医療経営コンサルティング業務、医療関連企業向けのマーケティング、商業施設開発コンサルティングおよびマーケティング

<ご参考>
1)「インド国における国際検体事業実現に向けた技術研修」鴻池運輸、J-VPDの役割
■鴻池運輸 ・事業全般コーディネートおよび事務局
      ・日印間の高度医療品流通・物流ネットワークの開発
■J-VPD  ・国際検体事業に関する日印間の体制・商流整備、他国への展開推進
      ・研修生受け入れ、専門家派遣に関するコーディネート

2)鴻池運輸がこれまで実施した医療関連の委託事業(経済産業省、厚生労働省関連)
・平成26年度「医療機器・サービス国際化推進事業」:
日本製医療機器メンテナンス事業調査
・平成27年度「医療技術等国際展開推進事業」:
透析治療に関する日印医療技術者人材交流(公益財団法人 日産厚生会 玉川病院の事業をサポート)