国土交通省/7月の内航船舶輸送はトンキロベースで前年比2・4%減|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/7月の内航船舶輸送はトンキロベースで前年比2・4%減

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/7月の内航船舶輸送はトンキロベースで前年比2・4%減

内航船舶輸送統計月報の概要(平成29年7月)

平成29年10月13日

【概要】
1.総 輸 送 量
 総輸送量は、30,705千トン(対前年同月比0.9%減)、15,251百万トンキロ(対前年同月比2.4%減)であった。
 コンテナ及びシャーシ扱いの輸送量は、それぞれ1,587千トン、462千トンであった。

2.品 目 別
 主要10品目は、トンベースで、対前年同月比が、砂利・砂・石材11.9%減、石灰石0.9%減、セメント2.7%増、鉄鋼2.7%増、石炭4.0%増、原油19.0%減、重油0.3%増、揮発油12.5%増、その他の石油及び石油製品3.6%減、化学薬品9.5%増であった。
  トンキロベースでは、対前年同月比が、砂利・砂・石材3.6%減、石灰石2.3%減、セメント2.1%減、鉄鋼3.8%増、石炭28.5%増、原油30.5%減、重油18.6%増、揮発油2.7%増、その他の石油及び石油製品3.7%減、化学薬品6.1%増であった。

3.燃料消費量及び航海距離
 燃料消費量の合計は、200,978千リットル(対前年同月比2.2%減)であった。
 また、航海距離の合計は、13,978千キロメートル(対前年同月比0.8%増)であった。
 
4.輸 送 効 率
内航船舶の合計は、41.6%であり、用途別にみると、貨物船は41.2%、油送船は41.6%であった。

添付資料

公表資料(PDF形式:649KB)PDF形式


2017年10月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
国土交通省/平成21年7月28日から平成29年9月30日までの間の海賊対処法に基づき行われた護衛活動の実績は累計3,809 隻
国土交通省/7月の鉄道貨物輸送量はトンキロベースで前年比0・6%減
日立パワーソリューションズ/鍛造ロール事業の会社分割および新会社を株式譲渡
成田国際空港/貨物地区フォークリフト&パレットビルディング競技会を開催
三菱ケミカル/日本ユニペットを吸収合併

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ