日本生協連/生協の「地域見守り協定」締結数が全市区町村数の58.7%となる1,022市区町村に到達|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本生協連/生協の「地域見守り協定」締結数が全市区町村数の58.7%となる1,022市区町村に到達

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本生協連/生協の「地域見守り協定」締結数が全市区町村数の58.7%となる1,022市区町村に到達

生協の「地域見守り協定」締結数が
全市区町村数の58.7%となる1,022市区町村に到達

 日本生協連は、全国の生協が自治体と進めている「地域見守り協定」の最新の締結状況をとりまとめました。2007年から始まったこの取り組みは、高齢化の進行とともに全国各地に広がっています。

 

release_171012_01_01.jpg

宅配や配食サービスを基盤に高齢者を見守り

全市区町村の58.7%に当たる1,022市区町村と協定を締結

  • 生協は、2017年9月現在、全国46都道府県内の自治体・社会福祉協議会などとの間で「地域見守り協定」を締結しています(地域・職域・医療福祉生協計)。
  • 締結市区町村数は1,022に達し、これは全市区町村(1,741)の58.7%に当たります。
  • 県内全ての市町村と締結したのは、青森県、岩手県、宮城県、茨城県、千葉県、石川県、鳥取県、山口県、徳島県の9県です。

release_171012_01_03.JPG

 

 全国で1,000万世帯以上にご登録いただいている生協の宅配や夕食宅配では、基本的に毎週同じ曜日(夕食宅配では週5日)の同じ時間に、同じ担当者が商品をお届けしています。各地の生協では高齢の組合員に日々接する機会も多く、「ポストに郵便物がたまっている」「お届けした商品に手が付けられていない」などの異変を感じた際には、事前に取り決めた連絡先に連絡・通報を行っています。

 

release_171012_01_02.jpg
 厚生労働省の発表によると、2025年には65歳以上の認知症患者数が700万人を超える見込みと推計されています。

 生協は、宅配事業を通じた日常的な組合員とのコミュニケーションを生かし、福祉の視点を取り入れたさまざまな事業や活動を展開しています。生協職員の認知症サポーター数は、2017年6月現在、40生協で3万7,000人を超えました。自治体や関係する諸団体などとも手を結びながら、誰もが安心して暮らせる地域社会づくりに引き続き取り組んでまいります。
 


2017年10月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本通運/日本赤十字社に移動採血車(献血バス)を寄贈
キムラユニティー/業績を上方修正
国土交通省/平成21年7月28日から平成29年9月30日までの間の海賊対処法に基づき行われた護衛活動の実績は累計3,809 隻
ニチレイロジグループ/「トラック事前予約システム」の運用を開始
三菱倉庫/インドネシア三菱倉庫会社の新たな配送センターが開業

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本生協連」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ