シーネット/ミャンマーとインドネシアに現地サポートセンターを設置|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:シーネット/ミャンマーとインドネシアに現地サポートセンターを設置

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

シーネット/ミャンマーとインドネシアに現地サポートセンターを設置

シーネット、海外サービス拠点を拡充
ミャンマーとインドネシアに現地サポートセンターを設置
中国・タイに続き現地でのシステム稼働に万全のサポート提供を開始

 ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役CEO:小野崎伸彦)は、ミャンマー及びインドネシアにおける日系・現地企業向け物流ソリューションのサポート強化を目的に、2017年10月12日より現地サポートセンターを両国に開設、同時にフィールドエンジニアリングサービスの提供を開始しました。

 これまでシーネットでは、ASEAN各国の企業の物流をタイ・バンコクの現地法人シーネットタイランドよりサポートしてきましたが、近年安定した経済成長を続けるミャンマー、インドネシアの企業からのサポート要請が継続的に増加したため、現地拠点を開設しました。両サポートセンターの開設とフィールドエンジニアリングサービスの提供によって、現地語での問い合わせ対応や、トラブル発生時のオンサイトサポートなどが実現、これまで以上に安心して現地でのシステム稼働ができるサポート体制を確立しました。

 ミャンマー、インドネシアの2つのサポートセンターの開設により、シーネットの海外サポートセンターは上海、北京、バンコクと合わせ計5拠点となりました。これからも、多言語版在庫管理システム「ci.Himalayas/GLOBAL」をはじめとした物流ソリューションの提供を通じて、日系企業の海外物流の利便性向上、ならびに現地企業の物流品質の進化を強力にサポートしていきます。

【ミャンマー】 拠点名: シーネット ミャンマーサポートセンター
設立: 2017年10月
連携企業: Vision Links Myanmar Co.,Ltd(ヴィジョン リンクス ミャンマー)
事業内容: システムインテグレーション、ICTコンサルティング

【インドネシア】 拠点名: シーネット インドネシアサポートセンター
設立: 2017年10月
連携企業: PT.Netmarks Indonesia(ネットマークス)
事業内容: ネットワークシステムの設計・販売・施工・運用管理

◆シーネット アジアサポートセンターの体制について◆
http://www.cross-docking.com/service/asia-wmsasia/

以上

◇アジアサポートセンターについてはこちらをご覧ください⇒http://www.cross-docking.com/service/global-support-locations/

◇中国・ASEAN各国向け物流ソリューションについてはこちらをご覧ください⇒http://www.cross-docking.com/service/global/

株式会社 シーネット
設立年月日
1992年1月
代表取締役CEO
小野崎 伸彦
本社所在地
千葉県船橋市本町4-41-19

2017年10月12日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
近 鉄 エ ク ス プ レ ス/社外取締役の上野 征夫氏が逝去
三井造船/グループ初 舶用主機関の20年間長期メンテナンス契約を締結
SBSグループ/採用動画2編を公開
フジトランス コーポレーション/ヤンゴン郊外で物流センターを開所
SBSロジコム/「(仮称)大阪南港物流センター」の地鎮祭を実施

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「シーネット」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ