宇部エクシモ/オレフィン系複合繊維「シムテックス複合フィラメント」を増産|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:宇部エクシモ/オレフィン系複合繊維「シムテックス複合フィラメント」を増産

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

宇部エクシモ/オレフィン系複合繊維「シムテックス複合フィラメント」を増産

オレフィン系複合繊維「シムテックス(R)複合フィラメント」の増産について

 

 宇部エクシモ株式会社(社長:小塚健次)はオレフィン系複合繊維「シムテックス複合フィラメント」を増産する。

 「シムテックス複合フィラメント」は、低融点樹脂を鞘部に用いた自己融着性のある複合繊維で、独自の延伸技術により一般のオレフィン繊維にない高強度、高弾性を実現したことから、これまでは主に、剥落の危険性のあるコンクリート構造物を補強・補修する三軸メッシュシート「シムテックスメッシュ(R)」として、NEXCOなどの橋梁などに採用され、高い評価を得ている。

 また、「シムテックス複合フィラメント」を織物に製織し、熱プレスにより成形したシートは、軽く、耐衝撃性に富み、加えてデザイン性に優れた緻密な織柄を表現することができる。「シムテックス複合フィラメント」は3年前より、軽さと強度が両立されたPPFRP(ポリプロピレン繊維強化プラスチック)として、パナソニック(株)の紙パック式掃除機の本体外装部分に使用されており、今秋発売の新モデルでは、本体部分に加え、新たに延長管部分にも採用された。

 現在、「シムテックス複合フィラメント」は、軽さと強度を要求される自動車、またその高いデザイン性から、スーツケース等の生活用品をはじめスポーツ・レジャー用品などにも採用が検討されており、今後の需要増が期待される。こうした背景から、宇部エクシモでは2018年度に岐阜工場で「シムテックス複合フィラメント」の生産設備の増強を行い、生産能力を今年度の約2倍に拡大し、需要増に対応していく計画である。


2017年10月11日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
浜松ホトニクス/日亜化学工業と広範囲な協業体制の構築で合意
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社/市場品質情報を分析し、リコールリスクを検知する「品質アナリティクスソリューション(QAS)」を本格提供開始
国際協力機構/ニカラグア向け円借款貸付契約の調印、橋梁建設事業を通じ貧困地域における物流の改善に貢献
グッドマン/千葉県印西市で開発中のグッドマンビジネスパークはリーシング好調
日本生協連/生協の「地域見守り協定」締結数が全市区町村数の58.7%となる1,022市区町村に到達

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「宇部エクシモ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ