NVIDIA/ドイツポスト DHL グループが自動配達トラックにNVIDIA DRIVE PXを採用|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:NVIDIA/ドイツポスト DHL グループが自動配達トラックにNVIDIA DRIVE PXを採用

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

NVIDIA/ドイツポスト DHL グループが自動配達トラックにNVIDIA DRIVE PXを採用

 ドイツポスト DHL グループが自動配達トラックにNVIDIA DRIVE PXを採用

 ドイツ、ミュンヘン-GTC Europe(2017 年 10 月 10 日)-NVIDIA(NASDAQ:NVDA)は本日、世界最大の郵便物流会社であるドイツポスト DHL グループ(以下DPDHL)と、世界最大の自動車部品サプライヤーの 1 つである ZF が 2018 年から自動配達トラックの試験車両を配備することで協業していること発表しました。

 DPDHL は、集配場から最終配達先までの移動を指す「ラストマイル」を含め、荷物輸送および配達を自動化するために、NVIDIA DRIVE(TM)PXテクノロジをベースとする ZF ProAI 自動運転システムを搭載した電動小型トラックを導入します。集配場から最終配達先までの配達は、宅配便や電子商取引の配送業務において最も複雑でコストのかかる部分と考えられています。

 DPDHL は現在、3,400 台の StreetScooter 電動配達車両を所有していますが、カメラ、LIDAR、レーダーをはじめ、ZF ProAI システムにデータを送るZFの各種センサーの搭載が可能です。これにより、車両が AI を使用して周囲の環境を理解し、安全な経路を計画し、選択したルートに沿って走行し、自動駐車することが可能になり、より正確、安全、低コストの配達が実現します。

 NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン・フアン(Jensen Huang)は、次のように述べています。「自動配達車両の開発は、AI とディープラーニングが商業輸送業界にも変革をもたらすことを実証するものです。オンラインショッピングが爆発的成長を続け、トラックドライバー不足が深刻を極める中、AI 車両はラストマイル配達サービス提供の鍵となるでしょう。」

 ドイツポスト AG の役員であるユルゲン・ゲルデス(役員名の正式表記)氏は、次のように述べています。「環境に優しく、経済的で効率的な輸送の研究開発は、物流業界に劇的な変化をもたらすでしょう。NVIDIA および ZF との協業により、責任を持ってこの開発を支え、実りを得て、業界のイノベーションリーダーとしての当社の立場を強化することが可能になります。」

 ZF の CEO であるシュテファン・ゾンマー(Stefan Sommer)氏は、次のように述べています。「ドイツポスト DHL は、StreetScooter 車両に現行および将来世代のサラウンドセンサー技術と、NVIDIAの技術を搭載した ZF ProAI の人工知能を導入することにより、次の一歩を踏み出そうとしています。ZF ProAI は、環境を検知して理解するための自動運転センサーと卓越した機械的能力に基づく運動制御の間に位置する「頭脳」であり、システム全体が当社の「見て、考えて、行動する」アプローチに従っています。自動運転のメリットが極めて大きいサプライロジスティクスやラストマイルでは、時間帯や配達スタッフに関係なく、最小限の騒音と排出ガスで荷物を配達することが可能になり、ひいては都市中心部の交通渋滞の大幅な緩和にもつながります。」

 そうした AI 配達車両の開発に向けて、DPDHL はNVIDIA DGX-1(TM)AI スーパーコンピューターにより、ニューラルネットワークをトレーニングするためのデータセンターをすでに構築しています。さらに、トラックの NVIDIA DRIVE PX プラットフォーム上でディープラーニングモデルを実行する予定です。本日公開された試作車にはカメラ6台、レーダー1台、LIDAR2台が搭載されており、すべて NVIDIA DRIVE PX にデータを送ります。

 DPDHL delivery prototypeのデモンストレーションは、10月 12 日までミュンヘンで開催中のGPU Technology Conferenceで行われています。

■NVIDIAについて

 NVIDIAが 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになりました。今日、NVIDIAは「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、http://www.nvidia.co.jp/をご覧ください。

 ZFProAIシステムと NVIDIA DRIVE PXプラットフォームの影響、利点、および能力、自動運転車両への AI の使用による性能、効率、および安全性の向上、AI とディープラーニングが商業輸送業界にもたらす影響、DPDHLの自動運転車両に NVIDIA のテクノロジを使用するという計画に関する記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレスリリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェースの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form10-Qの2017年7月30日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。SECへの提出書類は写しがNVIDIAのウェブサイトに掲載されており、NVIDIAから無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務をNVIDIAは一切負いません。

 (C)2017 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA のロゴ、DGX-1 および NVIDIA DRIVEは、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。


2017年10月11日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本貨物鉄道/平成29年度上半期のコンテナ・車扱は前年比103・3%
オープンロジ/米国「Amazon.com」の物流拠点への納品代行サービスを開始
日本通運/タイにロジスティクス機能強化のため地域統括組織を開設
富士通/フィリピンでグローバルデリバリーセンターを拡大しセブ島に新拠点を開設
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社/市場品質情報を分析し、リコールリスクを検知する「品質アナリティクスソリューション(QAS)」を本格提供開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「NVIDIA」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ