ブリヂストン/東京2020オリンピック日本代表自転車競技チームのトラック競技用自転車オフィシャルサプライヤーに決定|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:ブリヂストン/東京2020オリンピック日本代表自転車競技チームのトラック競技用自転車オフィシャルサプライヤーに決定

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

ブリヂストン/東京2020オリンピック日本代表自転車競技チームのトラック競技用自転車オフィシャルサプライヤーに決定

ブリヂストン、東京2020オリンピック日本代表自転車競技チームのトラック競技用自転車オフィシャルサプライヤーに決定

 

 公益財団法人日本自転車競技連盟(以下、JCF)、および、株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン)とそのグループ会社であるブリヂストンサイクル株式会社(以下、ブリヂストンサイクル)は、東京2020オリンピックで日本代表自転車競技チームがトラック短距離競技で使用する自転車の供給に向けて、共同で開発を進めることに本日、合意しました。

 今回、東京2020オリンピック自転車トラック競技で機材を供給する種目は、「ケイリン」「スプリント」「チームスプリント」の3種目です。これらの種目で日本代表選手が使用する機材について、日本代表コーチ協力のもと、ブリヂストンサイクルの自転車開発技術にブリヂストン中央研究所の解析技術等を活用し、ブリヂストンサイクルとブリヂストンが共同で開発、ブリヂストンサイクルが製造し供給するものです。

 JCFは、東京2020オリンピックでのメダル獲得を目指して強化を進めています。勝利に貢献する競技用機材を、高い技術力を持つ日本企業に開発してほしいと考え、今回の合意に至りました。

 ブリヂストンサイクルは、日本の自転車ビジネスを代表する企業であり、半世紀以上の歴史を持つ自転車競技チームを有しオリンピックなどの様々な大会で勝つための自転車を開発してきました。ブリヂストンとブリヂストンサイクルは、両社の技術力を結集し良い成績に結びつく自転車を供給することで、日本企業として日本代表のメダル獲得に向け貢献します。

 なお、ブリヂストンは、2014年より国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドオリンピックパートナーです。様々な困難を乗り越えながら夢に向かって挑戦し続けるすべての人の挑戦・旅(Journey)を支えていくという思いを表現した「CHASE YOUR DREAM」をテーマに、事業活動を通じてオリンピックをサポートしています。

以上


2017年10月10日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本通運/9月の鉄道コンテナ取り扱い実績は前年比108・1%
成田国際空港/貨物地区フォークリフト&パレットビルディング競技会を開催
日野自動車/ロシアに組立工場建設を決定
新日鉄住金エンジニアリング/三井不動産ロジスティクスパーク茨木(MFLP 茨木)新築工事を竣工
三井倉庫ホールディングス/三井倉庫インターナショナル ハイフォンに新現地法人を設立

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「ブリヂストン」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ