国土交通省/国際海上コンテナの安定的な輸送確保に関する検討会を新たに設置|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/国際海上コンテナの安定的な輸送確保に関する検討会を新たに設置

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/国際海上コンテナの安定的な輸送確保に関する検討会を新たに設置

国際海上コンテナの安定的な輸送確保に関する検討会を新たに設置
~「総重量精度」と「電子的情報の利活用」に関する国際動向との調和を推進します~

平成29年10月4日

全世界的に国際海上コンテナ輸送に係る安全対策強化の取組みや意識変化が進んできているところ、主要海運国である我が国として、国内外における実態調査でも明らかになった課題への対応策の検討を本格化します。

 世界経済を支える国際海上コンテナ輸送に関し、コンテナ重量の誤申告等が原因と見られる荷崩れ事故の発生を受けて海上人命安全条約(SOLAS条約)に「船積み前のコンテナ重量の証明義務化」が導入されましたが、その発効(平成28年7月)から1年以上が経過しました。
  平成28年度に実施した国内外における実態調査でも明らかになった「コンテナ総重量精度の維持・向上策」や「国際的に通用する標準的な電子的情報の利活用方策」などの課題への対応策について具体的な検討を進めるため、学識者・関係団体等から構成される「国際海上輸出コンテナの安定的な輸送に必要な重量確定・情報伝達等のあり方に係る検討会」を新たに設置し、この課題に関する検討を本格化します。



 
1.日 時 : 平成29年10月11日(水) 10:00~12:00
2.場 所 : 中央合同庁舎2号館地下1階 共用会議室2A・2B
3.議 事 : (1)「国際海上輸出コンテナの安定的な輸送に必要な重量確定・情報伝達等のあり方に係る検討会」の設置・運営
          (2)国際海上輸出コンテナの総重量の確定制度の概要及び改正条約発効後の状況
          (3)直近の国際動向
          (4)当面の課題への対応
4.取 材 等: 取材は冒頭のみ可能です。希望される方は、10月6日(金)18時までに件名を「コンテナ検討会取材希望」とし、氏名(ふりがな)、所
         属、電話番号を明記したメールをhqt-solas_container@ml.mlit.go.jpまでお送りください。

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式


2017年10月 4日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
阪急阪神エクスプレス/9月の日本発航空輸出混載重量は前年比109・7%
日通商事/本社機能不全を想定したBCP訓練を実施
ZMP/「自動走行システム」大規模実証実験に参加
日野自動車/大型トラック「日野プロフィア」と中型トラック「日野レンジャー」が 2017年度グッドデザイン賞を受賞
国土交通省/港湾の堤外地等における高潮リスク低減方策ガイドライン(中間とりまとめ)を公表

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ