ヤマト運輸/トヨタ部品三重共販と共同物流を開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:ヤマト運輸/トヨタ部品三重共販と共同物流を開始

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

ヤマト運輸/トヨタ部品三重共販と共同物流を開始

トヨタ部品三重共販とヤマト運輸が共同物流を開始
~三重県内の部品供給にヤマト運輸のネットワークを活用~

トヨタ部品三重共販株式会社(本社:三重県津市・代表取締役社長:平田 裕二郎、以下「三重共販」)とヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:長尾 裕、以下「ヤマト運輸」)は、本年10月3日より、三重県内の一部のルートで両社の荷物の共同物流を開始しますので、お知らせします。

1.背景

トラックドライバーの人手不足は物流業界のみならず、製造業にも大きな影響を与えています。全国で自動車をご愛用いただいているお客様へより良いアフターサービスを提供し続けるためには、安定した部品供給が不可欠であり、部品を供給する共販店においても、配送網の維持は大きな課題となっています。

一方、ヤマト運輸は全国に4,000箇所の事業所を有し、全国津々浦々に張り巡らせたネットワークで、宅急便をはじめとした輸送サービスを提供しています。

このたび、三重共販とヤマト運輸は、三重県内の一部の配送ルートにおいて、ヤマト運輸が事業所間で運行するトラックの荷台スペースを活用し、両社の荷物を混載して輸送する共同物流を開始します。遠隔地への配送ルートの一部をヤマト運輸のネットワークが代替することで、三重共販が手配するトラックは、従来よりも走行距離を大幅に削減でき、業務効率を飛躍的に向上することができます。またドライバーの業務負担を軽減し、働く環境の改善にもつなげます。

2.概要

  • (1)取り組み内容

    三重県内の配送の一部で、ヤマト運輸のトラックによる混載輸送を実施します。三重共販が手配するトラックの走行時間を削減するとともに、ヤマト運輸が事業所間で運行するトラックの積載率を向上します。

  • 地図(2)開始日

    2017年10月3日(火)より

  • (3)実施ルート
    • [1] 「津-名張・上野」ルート
    • [2] 「津-松阪」ルート

【運用イメージ】

■ 従来の運用

■ 従来の運用

■ 新しい運用

■ 新しい運用

3.取り組みによるメリット

  • [1] 走行距離と時間の削減により、より多くの時間をお客様への配送に充てることできるようになり、1台あたりの業務効率高めることができます。
  • [2] ドライバーの業務負荷を軽減し、配送に従事するドライバーの働く環境の改善につながります。

4.今後について

今後は、三重県内他地域での展開を検討していく予定です。


2017年10月 3日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ヤマトホールディングス/東アジア地域統括会社 雅瑪多管理(中国)有限公司が「上海市 多国籍企業地域本部」として認定
国土交通省/無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会 物流分科会を開催
富士物流/「ライフサイクルロジスティクスセンター」を開設
ヤマトホールディングス/「関西ゲートウェイ」を開所
SBSロジコム/書籍に所沢物流センターの事例が掲載

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「ヤマト運輸」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ