JAL/国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:JAL/国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

JAL/国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請

JAL、国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請

 JALは、2017年10月1日から適用となる、日本発国際貨物燃油サーチャージを本日、国土交通省へ申請しました。基準となる2017年8月のジェット燃料の平均価格が1バレル当たり63.06米ドルであったことから、燃油指標価格を「60.00以上65.00未満」とし、サーチャージ額は1kgあたり6円(米州・欧州など遠距離路線)、3円(アジア遠距離路線)、3円(アジア近距離路線)となります。

 JALは日本発国際貨物燃油サーチャージの改定時期を年12回(毎月)としており、また、各月の貨物燃油サーチャージ額は「シンガポールで取引されるジェット燃油(ケロシン)価格の前々月の平均値」を燃油指標価格として、2016年10月より導入した以下テーブルに従いサーチャージ額を決定します。

 JALは最大限の自助努力を行いながら、安定的な貨物輸送サービスの提供に努めてまいります。

  • JGN17074_fig01.png

以上


2017年9月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本ロジスティクスシステム協会/売上高は調査開始以降最高となる4,625億円へ(2016年度物流システム機器生産出荷統計を)
中日本高速道路/ 東名阪道の暫定3車線の運用により渋滞が緩和、国内初ドライブ・アシスト・ライトの運用を開始
全日本トラック協会/麻生太郎財務大臣へ平成30年度税制改正・予算に関する要望
日本貨物航空/10月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額を変更
ヤマト運輸/新サービス「宅急便センター受け取りサービス」を開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「JAL」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ