日本貨物鉄道/8月のコンテナ・車扱の合計は前年比 102・7%|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本貨物鉄道/8月のコンテナ・車扱の合計は前年比 102・7%

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本貨物鉄道/8月のコンテナ・車扱の合計は前年比 102・7%

輸 送 動 向 に つ い て(8月分)

1.輸送概況

今月は、台風 5 号の接近および静岡地区大雨の影響等により、月全体で高速貨 133 本、 専貨 8 本が運休となった(前年は、高速貨 376 本、専貨 8 本が運休)。 コンテナについては、ドライバー不足を背景に鉄道へのシフトが進んでいる積合せ貨物 が、関東・東海・関西発九州向けを中心に好調となったほか、国内自動車販売台数が増加 していることから自動車部品も堅調に推移した。また、農産品・青果物は、北海道地区か らの今年度産の生野菜・玉葱・馬鈴薯の出荷が旺盛となり前年を上回った。さらに、エコ 関連物資では関東内・北海道内での建設発生土輸送等が順調に推移するなど、前年よりも 比較的災害が少なかったことにも助けられ、すべての品目で前年を上回ることができた。 その結果、コンテナ全体では前年比 105.2%となった。 車扱では、石油が配送圏の見直しに伴い鉄道へのシフトが進んだことから、前年を上回 った。一方、セメント・石灰石は需要減少等により大幅な減送となったため、車扱全体で は前年比 96.8%となった。 コンテナ・車扱の合計では、前年比 102.7%となった。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください


輸送動向について(8月分)PDFnew


2017年9月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本貨物鉄道/コンテナ輸送品質向上キャンペーンを実施
日本郵便/「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」へ協力
日本貨物鉄道/馬鈴薯輸送専用列車は2年ぶりに通常運行に
全日本トラック協会/麻生太郎財務大臣へ平成30年度税制改正・予算に関する要望
中日本高速道路/ 東名阪道の暫定3車線の運用により渋滞が緩和、国内初ドライブ・アシスト・ライトの運用を開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本貨物鉄道」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ