ANAグループ/国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の改定を申請|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:ANAグループ/国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の改定を申請

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

ANAグループ/国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の改定を申請

国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の改定を申請


 ANAグループは、本日2017年9月13日(水)、国際線貨物における「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の運賃額改定を国土交通省に申請いたしました。

 当社グループでは、燃油特別付加運賃を申請時点における直近1カ月の航空燃油市場価格の平均に基づいて見直すこととしております。今般、2017年8月1日から2017年8月31日における同価格の1カ月平均が1バレルあたり63.06米ドルとなったため、改定することといたしました。

燃油特別付加運賃額改定の概要

  • 1.適用期間:2017年10月1日(日) 発行分より
  • 2.運賃額:次の運賃を日本発の国際線区間に適用(1キログラム当たり)
  • 3.改定(廃止)条件:
    • (1)燃油市況への連動性を高める観点から、改定期間を1カ月といたします。なお、関係国政府の 認可状況に応じた変更申請につきましては、この限りではありません。
    • (2)本運賃の改定には、利用者の皆様への分かりやすさの観点からシンガポール市場の平均燃油価格を指標として用います。2017年11月1日(水)以降の燃油特別付加運賃額につきましては、適用開始月2カ月前の1カ月間のシンガポールケロシンの平均価格を指標とし、1バレルあたりの平均価格に応じて別紙に従って改定し、運賃額の改定があった場合のみ、ANA NEWSにてお知らせさせていただきます。

以上

別添:


2017年9月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
古河電工/光ファイバの北米及び欧州を中心に製造能力を増強
アイリスオーヤマ/鳥栖第二工場を起工
JAL/国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請
中日本高速道路/ 東名阪道の暫定3車線の運用により渋滞が緩和、国内初ドライブ・アシスト・ライトの運用を開始
ヤマト運輸/新サービス「宅急便センター受け取りサービス」を開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「ANAグループ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ