古河電工/光ファイバの北米及び欧州を中心に製造能力を増強|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:古河電工/光ファイバの北米及び欧州を中心に製造能力を増強

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

古河電工/光ファイバの北米及び欧州を中心に製造能力を増強

世界的なデータ通信量の増加に対応、光ファイバのグローバル製造能力を拡大
〜北米及び欧州を中心に製造能力を増強〜

2017年9月13日

当社は、光ファイバの製造能力を2019年度までに約2倍へ引き上げます。この投資総額は約150百万米ドルであり、光ケーブルも含めて当社のグローバル拠点の製造能力を増強していきます。

背景

近年、スマートフォン、クラウドコンピューティング、動画配信、ソーシャルネットワークの普及などにより、通信基幹網及びデータセンタ間での通信トラフィック量は世界的に増加しています。
こうした中、ハイパースケール・クラウドや末端のデータセンタ間における情報通信ネットワークの拡充が強く求められており、FTTH(注1)化も含めた光ファイバの需要が世界中で拡大しています。今後もIoT化の進展や第5世代移動通信システム(5G)の構築を背景として、光ファイバ需要はグローバル規模でさらに拡大するとみられています。

内容

このたび当社は、光ファイバの製造能力を2019年度までを目処として、2016年度比でほぼ倍増する増産投資を決定しました。本増産投資の追加投資総額は約150百万米ドルであり、当社グループの北米及び欧州における製造拠点を中心として光ケーブルを含めた製造能力を増強します。
既に当社の光ファイバ製造能力は、2016年度までに2014年度比で約1.2倍へ増強しており、2020中期経営計画では、これをさらに2018年度までに約1.2倍増強する計画としていましたが、顧客からの強い要請を受け、追加増強を決定しました。

光ファイバ

光ファイバ

(注 1)FTTH; Fiber To The Home の略。光ファイバを加入者宅に直接引込み、伝送路として用いるアクセス系通信システムおよびそれによる情報通信サービス。

今後も当社は、長年培った世界最先端の光通信技術で、高速大容量通信の実現に貢献してまいります。


2017年9月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ミツウロコグループホールディングス/子会社の設立およびフード&プロビジョンズ事業組織再編を発表
ANAグループ/国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の改定を申請
三菱重工業/英インマルサット社の「Inmarsat-6」シリーズ初号機打上げ輸送サービスを受注
アイリスオーヤマ/鳥栖第二工場を起工
阪急阪神エクスプレス/アフリカ研修生のインターンシップを実施

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「古河電工」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ