日本通運/7月の鉄道コンテナ取り扱い実績は前年比100・3%|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本通運/7月の鉄道コンテナ取り扱い実績は前年比100・3%

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本通運/7月の鉄道コンテナ取り扱い実績は前年比100・3%

日通の鉄道コンテナ取り扱い実績7月分

当社の2017年7月分鉄道コンテナ取り扱い実績は、以下のとおりとなりました。

当月実績(単位:個)
地 区 実績 前年 対前年比
北海道地区 16,148 17,594 91.8%
東北地区 18,485 17,804 103.8%
首都圏地区 35,964 36,121 99.6%
中部地区 33,171 31,964 103.8%
関西四国地区 25,893 26,169 98.9%
中国地区 16,775 17,125 98.0%
九州地区 15,880 15,072 105.4%
合計 162,316 161,849 100.3%
上半期累計実績(単位:個)
地 区 実績 前年 対前年比
北海道地区 63,775 69,057 92.4%
東北地区 72,513 67,145 108.0%
首都圏地区 136,984 135,647 101.0%
中部地区 132,250 122,293 108.1%
関西四国地区 99,763 97,899 101.9%
中国地区 61,807 62,280 99.2%
九州地区 68,919 58,919 117.0%
合計 636,011 613,240 103.7%
<増減理由>(当月)
北海道地区 :米、食料工業品が減
九州地区 :前年、熊本地震の影響
 自動車関連が増


2017年8月10日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本貨物鉄道/7月のコンテナ・車扱は前年比101・1%
SBSホールディングス/経常利益は前年比63・5%減(平成29年12月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))
近鉄エクスプレス/7月の航空輸出混載重量は前年比106・8%
ANAグループ/国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を同額で設定
鴻池運輸/売上高は前年比3・5%増、経常利益は前年比0・1%減(平成30年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結))

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本通運」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ