日本貨物鉄道/7月のコンテナ・車扱は前年比101・1%|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本貨物鉄道/7月のコンテナ・車扱は前年比101・1%

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本貨物鉄道/7月のコンテナ・車扱は前年比101・1%

輸 送 動 向 に つ い て(7月分)

1.輸送概況

今月は、上旬に発生した台風 3 号の接近および九州地区をはじめとした各地の大雨、さ らには東海道線送電障害の影響等により、月全体で高速貨 263 本が運休となった(前年は、 高速貨 47 本が運休)。 コンテナについては、自動車部品が東海地区を中心に好調な発送となっているほか、エ コ関連物資においては関東内・北海道内での建設発生土輸送等が順調に推移した。また積 合せ貨物では、ドライバー不足を背景に鉄道へのシフトが進み増送となったほか、食料工 業品では気温上昇に伴って長野・静岡・近畿地区からの清涼飲料水の出荷が旺盛となり、 前年を上回った。 一方、紙・パルプは、印刷紙・コート紙の需要減少に伴い大幅な減送となった。また農 産品・青果物は、米が低調な輸送となったことに加え、北海道地区からの野菜類の出荷が 減少したことから前年を下回った。その結果、コンテナ全体では前年比 100.2%となった。 車扱については、石油が配送圏の見直しに伴い、鉄道へのシフトが進んでいることから、 前年を大きく上回る発送となり、車扱全体では前年比 103.8%となった。 コンテナ・車扱の合計では、前年比 101.1%となった。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。


輸送動向について(7月分)PDFnew


2017年8月10日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
SGホールディングス/「SGホールディングスグループ CSRレポート2017」を発行
日本通運/7月の鉄道コンテナ取り扱い実績は前年比100・3%
日本郵政グループ/日本郵便の2018年(平成30年)3月期 第1四半期決算は減収減益に(2018年3月期 日本郵政グループ第1四半期連結決算の概要)
日本貨物鉄道/鉄道コンテナ利用キャンペーン2017を実施
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社/サプライチェーンプランニング・クラウドサービス「Digital Supply Network Platform」を提供開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本貨物鉄道」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ