グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/埼玉県でマルチテナント型物流施設「GLP新座」を開発|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流不動産・施設:グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/埼玉県でマルチテナント型物流施設「GLP新座」を開発

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/埼玉県でマルチテナント型物流施設「GLP新座」を開発

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ
埼玉県でマルチテナント型物流施設「GLP新座」を開発

先進的物流施設のリーディングプロバイダーであるグローバル・ロジスティック・プロパティーズの日本法人、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「GLP」))は埼玉県新座市で延床面積約31,000㎡のマルチテナント型の物流施設「GLP新座」の開発を行うことをお知らせします。「GLP新座」は、2018年春に着工予定、2019年春に竣工予定です。

「GLP新座」は、都心部から約25km、関越自動車道「所沢IC」から約1.5kmに所在し、東京外環自動車道「和光IC」も利用が可能な上、国道254号線も至近で、埼玉県南部から南西部、また東京都の城北・城西、多摩地域などの幅広いエリアをカバーできる配送拠点として最適な立地となっています。さらにJR武蔵野線「新座駅」より1.5kmの徒歩圏内であることに加え、近隣に住宅地が広がっていることから雇用確保の観点からも好立地と言えます。

「GLP新座」は、地上4階建てで、全棟を1社もしくは最大2社までの分割利用が可能です。「GLP新座」は倉庫内での保管ニーズの最適化を目指し、2,3階の天井高を6.5mとし、パレット4段積みを可能とさせ、併せて2~4階のいずれかの床荷重を1㎡当たり2.0トンとして、重量物にも対応可能とする予定です。また、1階部分は低床化のニーズに対応するためにバースレベルにエレベータを停止させることを可能とする工夫を加えています。また、その他の特色としてはコスト意識を踏まえた環境対策として、大型シーリング・ファン「ビッグアスファン」の設置や卓越風の利用、自然光採光や施設内の街灯に太陽光エネルギーを採用するなどさまざまな取り組みを行う予定です。

 

glp_niiza_0720.jpg

「GLP新座」外観完成イメージ

 

GLPの代表取締役社長の帖佐 義之は、「『GLP新座』は東京、埼玉両都県の相当の配送人口を網羅出来る物流拠点として最適な立地に所在しています。物流不動産を専業とするGLPが今までに蓄積してきた経験やノウハウを活かした最適な物流ソリューションを提供できる施設だと考えています。今後も色々な視点から施設仕様やサービスに工夫を施し、幅広いニーズに応える物流オペレーションを提案して参ります」と述べています。

「GLP新座」の開発は、GLPがCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)と2016年2月に50%対50%で設立した合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーII」による開発物件となります。

 

<添付資料>
■ 施設概要

施設名:GLP新座
所在地:埼玉県新座市大和田
敷地面積:約15,000㎡
延床面積:約31,000㎡
構造:耐震・鉄骨造
着工:2018年春(予定)
竣工:2019年春(予定)

広域地図                    詳細地図

 

 

以上


グローバル・ロジスティック・プロパティーズについてhttp://www.glprop.com/(link is external)
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド (GLP) は、中国、日本、ブラジルおよび米国においてマーケットでの優位性を持ち、グローバルで5,600万㎡のポートフォリオを所有、運営しています。各国の国内消費は需要をけん引する重要な要素です。GLPは世界最大級の不動産ファンド・マネージャーで運用資産は390億米ドル(2017年6月30日現在)です。

なお、GLPはシンガポール証券取引所のメインボードに上場しています(株式コード: MC0.SI;Reuters ticker: GLPL.SI; Bloomberg ticker: GLP SP)。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社について(http://www.glprop.co.jp/
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社は、2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、97物件・総延床面積約470万平方メートルの物流施設を運営しており(2017年6月30日現在)、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。


2017年8月 9日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/2018年度第1四半期の収入は安定的な中核利益(再評価益を除く)により前年同期比27%増加
プロロジス/スタートトゥデイ専用物流(BTS型)施設の「プロロジスパークつくば1」が起工
プロロジス/「プロロジスパーク市川3」でEC系物流企業と賃貸契約を締結し竣工前に契約率100%に
トランスコスモス/中国で8拠点目となるコンタクトセンター「上海第四センター」を設立
日清紡ホールディングス/完全制御型植物工場用イチゴ栽培設備の販売開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ