東洋ゴム/硬質ウレタン事業を積水化学工業に譲渡 |物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:東洋ゴム/硬質ウレタン事業を積水化学工業に譲渡

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

東洋ゴム/硬質ウレタン事業を積水化学工業に譲渡

硬質ウレタン事業の譲渡に伴う吸収分割及び子会社株式の譲渡に関するお知らせ

 

 当社は、本日開催の取締役会において、当社が保有する硬質ウレタン事業(以下、「対象事業」といいます。)に関して有する資産等(当社が有する硬質ウレタン事業に関する不動産その他の設備及び知的財産権等の資産等を含みます。)を吸収分割(以下、「本吸収分割」といいます。)の方法により、平成 29 年 12 月 27 日(予定)を効力発生日として、当社の子会社である株式会社ソフランウイズ(以下、「ソフランウイズ」又は「対象会社」といいます。)に承継させ、同日付で、対象事業を営む対象会社の発行済株式の全部を積水化学工業株式会社(以下、「積水化学」といいます。)に譲渡する(以下、「本株式譲渡」といいます。)ことを決議いたしましたのでお知らせいたします。

 なお、本吸収分割は、当社の完全子会社との間で行う簡易・略式吸収分割であるため、開示事項・内容を一部省略しております。

1. 本吸収分割及び本株式譲渡の目的

 当社は、お客様に対する十分な事業要件を満たすことを前提とした「事業評価ガイドライン」を策定し、市場成長性や事業継続性など、さまざまな観点から全事業領域を対象として個別に評価・検証を行なうとともに、それぞれの事業価値の向上をめざし、必要な最適方策の検討を実施することとしています。

 対象事業は、当社グループのソフランウイズを中心に、技術力への評価と安定的な需要に支えられ、これまで長年にわたって、その知名度と堅固な事業基盤を築いてきました。特に、国内においては硬質ウレタン業界のマーケットリーダーとしての地位を確保するとともに、海外への事業展開にも着手してまいりました。

 今回、対象事業の評価・検証及び方策検討にあたっては、当社グループが置かれた昨今の市場競争環境の中で、さらなる事業発展と企業価値向上を実現していく必要性を確認するとともに、その目的に資する方策を検討してまいりました。

 この結果、類する事業に関連した知見と事業推進基盤を有する既存の有力事業者のもとで、さらなる事業展開を図ることが最適であるとの判断に至りました。

 当社は事業評価に基づく上記方策を実施する一方、「モビリティを中心とした事業」を当社のコア事業領域として据え、経営資源を重点投下することにより、事業経営の推進力を強化し、ひいては、さらなる企業価値の向上を実現してまいります。

2. 本吸収分割の概要

(1) 本吸収分割の要旨

① 本吸収分割の日程

取締役会決議日 平成 29 年 7 月 28 日

吸収分割契約締結日 平成 29 年中(予定)

吸収分割効力発生日 平成 29 年 12 月 27 日(予定)

※本吸収分割は当社において会社法第 784 条第 2 項に定める簡易吸収分割及び対象会社において会社法 第 796 条第 1 項本文に定める略式吸収分割に該当するため、本吸収分割の承認に関する当社及び対象会 社の株主総会は開催しません。

② 本吸収分割の方式

当社を分割会社とし、対象会社を承継会社とする吸収分割(簡易・略式吸収分割)です。

③ 本吸収分割に係る割当ての内容

本吸収分割は、当社が当社の完全子会社である対象会社との間で行うものであり、対象会社からの株式の 割当て、金銭その他財産の交付を行いません。

④ 本吸収分割に伴う新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い

該当事項はありません。

⑤ 本吸収分割により増減する資本金

当社の資本金の増減はありません。

⑥ 対象会社が承継する権利義務

対象会社は、本吸収分割の効力発生日において、別途吸収分割契約に定める硬質ウレタン事業に係る不動 産その他の設備及び知的財産権等の資産等の権利義務を承継いたします。

⑦ 債務履行の見込み

対象会社が、本吸収分割の効力発生日以降において負担すべき債務について、履行の見込みに問題はない と判断しております。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

硬質ウレタン事業の譲渡に伴う吸収分割及び子会社株式の譲渡に関するお知らせ


2017年7月28日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東洋ゴム/ダイバーテック事業セグメントの化工品事業をニッタに譲渡
新日本電工/住友金属鉱山からリチウムイオン電池用正極材料の製造の一部を受託加工
積水化学工業/車輌内外装樹脂部材、産業用品を生産する栃木工場を18年4月に開設
日 本トラ ンスシ ティ/本社を移転
横浜冷凍/連結子会社 アライアンスシーフーズが海老養殖事業へ参入

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「東洋ゴム」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ