物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

シンクロン/SaaS型 マスターデータ管理ソリューション 「Syncron MasterData」を日立建機に提供開始

シンクロンがSaaS型 マスターデータ管理ソリューション 「Syncron MasterData」を日立建機に提供開始

保守部品の品番等、世界各地の部品マスターを集約し、グローバルオペレーションを支えるIT基盤として機能 

2017年7月20日  東京 アフターマーケット(保守ビジネス)の最適化ソリューションプロバイダであるシンクロン・インターナショナルAB (本社:スウェーデン ストックホルム、CEO:アンダース・グルーデン、日本法人:シンクロン・ ジャパン株式会社、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:落合 克人、以下 シンクロン) は本日、日立建機株式会社 (本社:東京都台東区、執行役社長:平野 耕太郎、以下 日立建機) にSaaS型の部品向けマスターデータ管理ソリューションである「Syncron MasterDataTM」 *1 を提供開始していることを発表しました。 

日立建機では、部品事業における売上拡大と在庫最適化の両立を目標として、グローバルオペレーションの効率化を図っています。そのため、グローバルでの在庫計画を行うために、世界各地の部品マスターを集約したグローバルマスターデータを必要としていました。そこで、ビジネスパートナーであるシンクロンと協働し、2016年4月から「Syncron MasterData」の導入を行いました。シンクロンが提供する最新バージョンには、日立建機と共同で検討したロジックなどが標準機能として新たに追加されています。本ソリューションは、10か月の導入期間を経て、2017年1月に提供開始しました。この提供開始は、グローバルでの部品在庫における計画の精度向上に貢献し、またロジックを明文化したことにより、マスターデータの整備・クレンジングと運用体制を確立することができました。今後も、更に導入対象範囲を拡大していく予定です。 

「Syncron MasterData」は、日立建機に提供開始した部品マスター以外にも、顧客マスターやサプライヤーマスターなどを管理する機能を有しており、各拠点に分散している各種データを、システムの中核的なハブとなる1つの高品質なマスターデータ基盤に統合します。また、「Syncron MasterData」はマルチドメインであり、既存のツールと容易に連携することができ、在庫最適化や価格最適化、オーダー管理などのソリューションと統合することで、取引先とのビジネス連携や、データ管理作業工数の削減、グローバルでのデータ品質の向上、ひいては顧客満足度の向上を支援します。 

日立建機では、「Syncron MasterData」に先立ち、シンクロンの価格最適化ソリューション「Syncron PriceTM」 を2012年より導入し、価格設定の精度向上および価格改定に要する期間の削減に役立ててきました。日立建機は、「Syncron Price」を活用し、価格最適化の取り組みを行うことで、代替品や中古品、模倣品が流通する複雑、かつ競争の激しいグローバル市場において、シェアの維持・拡大や、収益性の強化をめざしています。 

日立建機の部品事業部長 竹田孝司氏は、次のように述べています。

「今回稼働開始したシンクロンのマスターデータ管理ソリューションにより、世界各地の部品マスターを集約できた意義は大きく、弊社部品事業のグローバルオペレーションの円滑な進行を支えるIT基盤として、今後重要な役割を果たしていくものと確信しています」 

また、シンクロン CEOのアンダース・グルーデンは、「今回のソリューション稼働開始により、全ての部品管理業務の起点になると言っても過言ではないマスターデータ管理の領域から、日立建機様のアフターマーケット改革を、今後さらに支援していけることを喜ばしく思います」と述べています。 

シンクロンのマスターデータ管理ソリューションの詳細はこちらもご参照ください。 

 

 「Syncron MasterData」: 旧ソリューション名、「Master Data Management」

 「Syncron Price」: 旧ソリューション名、「Price Management」