ソリトンシステムズ/物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:ソリトンシステムズ/物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

ソリトンシステムズ/物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化

株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鎌田信夫、以下ソリトン)は、物流貨物の輸送時の情報をリアルタイムにトレース出来るシステムを製品化しました。センサーユニットの試作品およびクラウドシステムなども開発、大手物流会社と共同で性能評価を実施済みで量産可能となっています。

試作版センサーユニット
製品版モックアップ

図1:Soliton IoT Sensor Unit

センサーユニットは、温度、湿度、気圧、衝撃加速度、傾斜角、照度、バッテリー電圧値のトレースが可能。BLE(Bluetooth Low Energy)通信によりスマートフォン(Gateway)経由でクラウドシステムへセンサーデータの送信を行います。あらかじめ設定したしきい値を超えた場合に、アラートメールで通知します。

バッテリーは、2Way方式を採用。リチウム乾電池とボタン電池に対応可能。リチウム乾電池の場合、マイナス40度の環境下で、約2年間の連続動作が可能です。また、航空機輸送に対応するため、ボタン電池での動作も可能です。

センサーユニットには大容量の内蔵メモリを実装。クラウドシステムへの通信が途絶えた場合、約40日分のデータを内部に保持しておくことが可能です。通信が復旧した時に、内部メモリに蓄えておいたデータをまとめてアップロードすることができます。

センサーデータの受け渡し、ユーザ管理画面用コマンド制御など、外部サービスとの連携するためのAPI(Application Programing Interface)もご提供する予定です。

図2:管理画面(例)
地図上でのトレース情報と温度変化
図3:管理画面(例)
衝撃加速度イベントの詳細画面

ソリトンは、性能評価から得られたデータからフィードバックを行い、今後センサーユニットの小型軽量化、量産化を進める予定です。ソリトンはIoTビジネスへの本格参入を目指しており、これはその一つのアプローチとなります。

【出荷開始】 2017年 秋

【参考価格】 センサーユニット 3,000円(税別) クラウドサービス利用料別途

【 この件に関する問合せ先 】 新規事業部 03-6386-3405 iot-taskforce@list.soliton.co.jp


2017年6月19日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
国土交通省/平成29年度「モーダルシフト等推進事業」(補助事業)の一次募集を開始
ジーエルアールインベストメント/物流施設を対象としたアセットマネジメント事業準備室を設置
財務省/5月の輸出は前年比14・9%増、輸入は前年比17・8%増
JFEスチール/次世代のサプライ・チェーン・マネジメントの基盤となるデータベース「JFE統合現品DB」の本格運用を開始
サトー/日本郵便とネットオークションやフリマアプリの出品者向け 送り状発行機器「ゆうプリタッチ」を共同で開発

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「ソリトンシステムズ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ