プロロジス/約38,000㎡の専用物流(BTS型)施設の賃貸契約を締結し「プロロジスパーク仙台泉2」を開発|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流不動産・施設:プロロジス/約38,000㎡の専用物流(BTS型)施設の賃貸契約を締結し「プロロジスパーク仙台泉2」を開発

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

プロロジス/約38,000㎡の専用物流(BTS型)施設の賃貸契約を締結し「プロロジスパーク仙台泉2」を開発

プロロジス、約38,000㎡の専用物流(BTS型)施設の
賃貸契約を締結し「プロロジスパーク仙台泉2」を開発

「プロロジスパーク仙台泉2」完成イメージパース
「プロロジスパーク仙台泉2」完成イメージパース


物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田御酒)は、プロロジスのリピートカスタマーと約38,000㎡の賃貸契約を締結し、同カスタマーの専用物流(BTS型)施設として「プロロジスパーク仙台泉2」を開発することを発表しました。

■ 開発地

「プロロジスパーク仙台泉2」は、宮城県仙台市泉区「泉パークタウン」内に開発されます。東北自動車道「泉IC」より約2.5km、仙台駅から約10kmと交通アクセスに優れ、東北6県への輸送・配送拠点として最適な立地です。また、地震や水害の発生リスクが極めて低いエリアであり、BCP(事業継続計画)の観点からも優れています。

隣地では、2015年に竣工した株式会社キユーソー流通システム専用施設「プロロジスパーク仙台泉」を運営中です。

■ 施設計画概要

「プロロジスパーク仙台泉2」は、約65,000㎡の敷地に約29,900㎡および約8,200㎡の2棟として開発されます。全館にLED照明を採用し、非常用自家発電機を備えるなど、事業継続性にも配慮した施設とする計画です。

「プロロジスパーク仙台泉2」計画概要

名称 プロロジスパーク仙台泉2
所在地 宮城県仙台市泉区明通
敷地面積 約65,000
計画延床面積 約38,000
構造 地上2階建(事務所部分4階建)
着工予定 2017年8月
竣工予定 2018年9月

■ プロロジスの専用物流(BTS型)施設

プロロジスは、これまでに、全国に34棟のBTS型施設を開発してきました。また、「プロロジスパーク仙台泉2」のほかに、「プロロジスパークつくば」「プロロジスパーク海老名2」「プロロジスパーク神戸3」「プロロジスパーク神戸4」などの開発を計画中であり、入居企業を募集しています。プロロジスは、今後もお客様の物流効率化のニーズにお応えすべく、物流施設の開発・運営を進めてまいります。


2017年6月19日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
アスクル/連結業績予想を修正
商船三井/中国で環境技術を紹介
プロロジス/兵庫県において産業拠点地区開発事業「プロロジス猪名川プロジェクト」をスタート
ジーエルアールインベストメント/物流施設を対象としたアセットマネジメント事業準備室を設置
久留米運送/福岡インター支店がリニューアルオープン

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「プロロジス」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ