サトー/日本郵便とネットオークションやフリマアプリの出品者向け 送り状発行機器「ゆうプリタッチ」を共同で開発|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:サトー/日本郵便とネットオークションやフリマアプリの出品者向け 送り状発行機器「ゆうプリタッチ」を共同で開発

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

サトー/日本郵便とネットオークションやフリマアプリの出品者向け 送り状発行機器「ゆうプリタッチ」を共同で開発

サトーと日本郵便、ネットオークションやフリマアプリの出品者向け 送り状発行機器「ゆうプリタッチ」を共同で開発

サトーホールディングス株式会社


自動認識ソリューションのサトーグループ(本社:東京都目黒区、以下「サトー」)は、日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、以下「日本郵便」)と共同で、インターネ ットオークションやフリマアプリ(以下「サイト」)の出品者向けに、商品発送用の送り状(荷札)を簡単に発行できる機器「ゆうプリタッチ」を開発しました。


「ゆうプリタッチ」は、コンパクト型のラベルプリンタ(サトー製)と2次元コードリーダーで構成されます。日本郵便の「e発送サービス」と連携するサイトの出品者は、スマートフォンなどのデバイスを用いてサイト上に、送り状発行用2次元コードを表示します。「ゆうプリタッチ」を設置している郵便局で商品を発送する際、窓口に設置された「ゆうプリタッチ」に2次元コードをかざすことで、「ゆうパック」、「ゆうパケット」の送り状を簡単に発行することができます。従来の煩雑な手書き作業がなくなります。


経済産業省が4月に発表した「平成28年度 我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」では、2016年のネットオークション(C to C)市場は3,458億円に上り、また2012年に誕生したフリマアプリの市場規模は3,052億円となり、今後も市場拡大が続くと予想されています。


サトーは、今後も持続的な成長が見込まれる「C to C」のリユース分野においても、人・モノ・情報の「最後の1cm ® 」をつなぎ、サービス提供事業者さまの「正確・省力・省資源」に貢献するとともに、サービスを利用される消費者の感動や利便性の向上に貢献してまいります。


■ サトーホールディングス株式会社 概要
創業  :1940年 (設立:1951年)
所在地 :東京都目黒区下目黒1丁目7番1号
資本金 :84億円(2017年3月31日現在)
代表者 :代表取締役社長兼CEO 松山一雄
年商  :連結1,063億円(2017年3月期)
従業員数:連結5,012名(2017年3月31日現在)


サトーグループについて
サトーグループは、バーコード、2次元コード、RFIDなどを利用した自動認識ソリューションや、それらと新素材事業との融合によるシナジーを追求し、世界90カ国を超えるお客さまに提供します。時代の変化をとらえて自らを変化・進化させてきたサトーは、「自動認識ソリューションで世界ナンバーワンになること」および「変わりゆく社会から必要とされ続け、最も信頼される会社になること」をビジョンに活動しています。あらゆるモノがネットワークにつながり、消費者の価値観も多様化する社会において、サトーはお客さまの現場で人・モノ・情報の「最後の1cm®」を効果的につなぎ、「正確・省力・省資源・安心・環境・感動」という価値を創出してまいります。


2017年6月19日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本郵便/「e発送サービス」の提供を開始
ヤフー/ヤフオクで日本郵便、新配送サービスを開始
ソリトンシステムズ/物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化
アスクル/連結業績予想を修正
佐川フィナンシャル/個人情報保護マネジメントシステム(JIS Q 15001)の認証を取得

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「サトー」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ