佐川急便/荷役作業の省人化を目指して 物流画像判別AIエンジンの開発に協力|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:佐川急便/荷役作業の省人化を目指して 物流画像判別AIエンジンの開発に協力

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

佐川急便/荷役作業の省人化を目指して 物流画像判別AIエンジンの開発に協力

【佐川急便】荷役作業の省人化を目指して 物流画像判別AIエンジンの開発に協力(2017/05/31)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、株式会社NTTデータが経済産業省から採択された調査事業である、多種多様な荷物の荷姿、寸法、取り扱い、汚破損などを画像から自動的に判別する物流画像判別AIエンジンの適用実証に協力しました。

NTTデータは、社会問題化している物流需給ひっ迫を解決するために、人手に依存したオペレーションのAIによる自動化に着目した、物流業務変革コンサルティングサービスの提供を開始しています。最新のディープラーニング技術を取り入れたAIエンジンの応用範囲は幅広く、倉庫の入庫検品、仕分け、積み降ろし業務のロボット化と言った物流業務のみならず、他分野にも役立てることができます。

佐川急便ではこの適用実証を実施するにあたり、通常の仕分け業務を行う現場における画像診断テストに協力しました。近い将来、確実に訪れる労働力不足に対応するための施策の1つとして、この物流画像判別AIエンジンの開発に協力することで庫内作業の省人化の実現を目指します。

NTTデータが開発した物流画像判別AIエンジンは、物流産業において問題が生じているさまざまなシーンで応用が期待されます。荷物の外装、形状、取り扱い、容積、汚破損など人間が判断していた情報を自動的に判別し、デジタルデータ化することで、トラックへの荷物の積み込みやトラックからの荷物の積み下ろしなどの荷役作業に応用でき、ドライバーへの作業負荷軽減を図ることが可能となります。

佐川急便では今後も物流業務の改善、品質の維持・向上等に向けて、先進的な研究開発に積極的に参画してまいります。


2017年5月31日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
商船三井/川崎汽船、日本郵船と3社で新たに3社の定期コンテナ船事業(海外ターミナル事業含む)統合を目的とした合弁会社を設立
郵船ロジスティクス/インドネシアのロジスティクス事業を強化
国土交通省/トラックドライバーの荷待ち時間等の実態把握や解消に向けて荷待ち時間等の記録を義務付け
鈴与/NTTデータの「物流画像判別AIエンジン」の実証実験に協力
インフォマート/小売・流通卸売業の業務効率化に向けたソリューションを共同で提供

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「佐川急便」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ