三井造船/平成29年度「国土交通省交通運輸技術開発推進制度」における研究課題「自律型海上輸送システムの技術コンセプトの開発」を採択|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:三井造船/平成29年度「国土交通省交通運輸技術開発推進制度」における研究課題「自律型海上輸送システムの技術コンセプトの開発」を採択

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

三井造船/平成29年度「国土交通省交通運輸技術開発推進制度」における研究課題「自律型海上輸送システムの技術コンセプトの開発」を採択

平成29年度「国土交通省交通運輸技術開発推進制度」における研究課題「自律型海上輸送システムの技術コンセプトの開発」の採択について

三井造船株式会社(社長:田中 孝雄)が研究コンソーシアムの代表として提案していました「自律型海上輸送システムの技術コンセプトの開発」が、平成29年5月16日に国土交通省の平成29年度「交通運輸技術開発推進制度」の研究課題の一つに採択されました。

本研究課題の研究コンソーシアムは、三井造船株式会社の他、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所、株式会社商船三井、国立大学法人東京海洋大学、一般財団法人日本海事協会、一般財団法人日本船舶技術研究協会、株式会社三井造船昭島研究所(組織名のあいうえお順)で構成されています。

本研究に於いては、船舶の自動・自律運航技術の導入による安心・安全で効率的な海上輸送システムの実現に向けて、参加する企業および機関の特徴を活かしながら、高度に自律化された船舶(自動運航船)の技術コンセプトを開発し、自動運航船実現に必要となる技術の開発ロードマップを策定します。
これらの研究成果を、研究の進捗に伴って段階的に広く社会や海事産業界に提示することによって、自律型海上輸送システムの実現の為の技術開発と、社会実装に向けたインフラと制度整備の動きを促すことを目的としています。

本研究は、一般財団法人日本船舶技術研究協会が、自動運航船の社会実装に向けて計画している自律型海上輸送システムの「事業コンセプト」及び「開発・実装における制度・インフラ整備」に関する研究との連携も視野に入れており、オールジャパンで協力しつつ自動運航船の実現を目指します。

「交通運輸技術開発推進制度」について
交通運輸技術開発推進制度は、民間を含めた研究実施者から広く研究課題を募ることにより、交通運輸分野の課題解決に向けた優れた技術開発シーズを発掘することを目的とした競争的資金制度です。
毎年度、交通運輸分野の政策課題の解決に資する研究開発テーマについて研究課題の公募が行われ、提案された研究課題の中から優れたものを選び、研究開発業務として国土交通省が委託する事業です。
平成29年度予算における新規研究課題について、平成29年2月7日~3月21日の期間、公募が行われ、本件を含め4件の研究課題が採択されました。 


研究実施体制


自動・自律運航技術の導入による 安心安全で効率的な海上輸送システムの実現

2017年5月18日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
サトー/物流センターの作業生産性を上げる「Visual Warehouse」 無料診断キャンペーンを開催
新柏倉庫/テレビドラマ『小さな巨人』にて倉庫が使用
三井造船/MAN Diesel & Turboとの協業を拡大
新日鐵住金/1月の大分製鐵所厚板工場における火災事故を受け原因と再発防止策を公表
日本通運/ビール大手4社の道東地区共同物流をサポート

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「三井造船」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ