日本通運/中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送でサービスを大幅拡大|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本通運/中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送でサービスを大幅拡大

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本通運/中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送でサービスを大幅拡大

日通、中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送でサービスを大幅拡大

~ユーラシア大陸内鉄道輸送を「Eurasia Train Direct」で呼称を統一化~

 当社の現地法人、日通国際物流(中国)有限公司(董事長:杉山龍雄)と欧州日本通運有限会社(社長:海野茂)は、5月22日から、中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送サービスの取扱い可能な都市と輸送ルートを大幅に拡大します。
 また、ユーラシア大陸内の鉄道を利用した輸送を「Eurasia Train Direct」※1と呼称を統一し、新規ルートの開発と販売の強化を進めます。

20170518-2-1.jpg

 両社では、2015年11月からコンテナ貸切(FCL)サービス、2016年8月からは混載輸送(LCL)サービスを開始しましたが、以下のとおり取扱都市を拡大しました(赤字部分)。

※FLCサービスルート

【West Bound】

出発駅 到着駅
成都 ウッチ(ポーランド)、ニュルンベルク(ドイツ)、ティルブルフ(オランダ)
武漢 マワシェビチェ(ポーランド)、ハンブルク(ドイツ)、デュイスブルク(ドイツ)、モスクワ(ロシア)
重慶 マワシェビチェ、デュイスブルク、チェルケスク(ロシア)
義烏 マワシェビチェ、デュイスブルク、マドリード(スペイン)
蘇州 ワルシャワ(ポーランド)
瀋陽 ワルシャワ、ハンブルク
長春 マワシェビチェ、ハンブルク
西安 マワシェビチェ、ハンブルク
哈爾濱 デュイスブルク

【East Bound】

出発駅 到着駅
ハンブルク(ドイツ) 鄭州、武漢、重慶、哈爾濱
デュイスブルク(ドイツ) 武漢、重慶
ブレスト(ベラルーシ) 瀋陽、蘇州
ミュンヘン(ドイツ) 武漢、重慶
ブダペスト(ハンガリー) 武漢、重慶
ウッチ(ポーランド) 成都
マドリード(スペイン) 義烏
ニュルンベルク 成都、武漢、重慶
ティルブルク(オランダ) 成都、武漢、重慶

※LCLサービスルート

【West Bound】

出発駅 到着駅
武漢 ハンブルク(ドイツ)、デュイスブルク(ドイツ)、オストラバ(チェコ)、プラハ(チェコ)
寧波 ワルシャワ(ポーランド)、デュイスブルク
鄭州、重慶、成都、長沙 オストラバ、プラハ
合肥 オストラバ、プラハ、ワルシャワ
天津、青島、済南、深圳、広州、東莞、中山、仏山、福州、厦門、上海、無錫 ワルシャワ

【East Bound】

出発駅 到着駅
ハンブルク(ドイツ) 蘇州、常州、成都、重慶、杭州、黄岩(台州)、江陰(無錫)、金華、馬鞍山、南京、南通、寧波、上海、温州、武漢、揚州、張家港
デュイスブルク(ドイツ) 重慶

【取扱都市の特徴】

1.FCL
(中国発) 従来の武漢、重慶、哈爾濱(ハルビン)に、成都、西安、雑貨類の巨大生産地として将来性が期待される浙江省義烏(ギウ)などで取扱いが可能になりました。
(欧州発) 従来のデュイスブルクに加え、ブレスト(ベラルーシ)、マドリード(スペイン)、ブダペスト(ハンガリー)など複数の国で取扱いが可能になりました。
2.LCL
(中国発) 従来は武漢に集約していましたが、日系企業が集積する華東エリア(上海、無錫、寧波など)、北方の工業都市である天津、青島、また華南エリア(広州、東莞、中山など)での取扱いが可能になりました。
(欧州発) 従来のデュイスブルグに、ハンブルグを追加しました。
共通のメリット
  • FCL、LCL双方のサービスエリア拡大により、貨物量の多寡に関わらず、お客様に近い貨物鉄道駅からブロックトレインに積載、また、適切な輸送ルートを選択でき、輸送のリードタイムやコストの削減が出来ます。
    例えば、浙江省からスペインへ輸送する場合、これまでは武漢(中国)-デュイスブルグ(ドイツ)間を鉄道で輸送し、その前後はドレージで長距離輸送を行っていました。今後、義烏(中国)-マドリード(スペイン)間を鉄道利用することで、一貫輸送運賃は約30%削減されます。
  • 中国、欧州域内ともに、日通グループのトラック輸送網を組合せて、発着のお客様拠点間を当社グループが一貫輸送します。

【商品開発と拡販に向けた体制強化】

  • 日通国際物流(中国)有限公司では、2016年10月よりクロスボーダー輸送開発チーム(日本人2名、中国人1名、ロシア人1名、カザフ人1名)を設置し、様々なクロスボーダー輸送商品の開発を進めています。
  • また、中国と香港の当社現地法人やグループ会社を中心に約30名の鉄道輸送拡販チームを作り、海上輸送・航空輸送と連動したサービスの提供を推進しています。

【商品開発の背景】

  • 中国ではここ数年では最も重要な政策であると言われている「一帯一路」政策の取組みが着々と進められており、今月14~16日には28カ国の首脳が出席する一帯一路国際協力首脳会議が北京で開催されました。
  • 特に、中国と欧州を結ぶ大陸間鉄道輸送については、中国国務院が2020年までに、中国43都市から年間5,000本のブロックトレイン運行を目標とする旨、表明しています。
  • 貿易量の拡大が続く中国欧州間の物流には様々なニーズが生じています。当社では、鉄道輸送を航空輸送と海上輸送の中間商品と位置付け、「空よりも安く、船よりも早い」サービスを今後も拡充し、新しいニーズに積極的にお応えしていきます。
  1. ※1中国発欧州向け輸送であれば、「Eurasia Train Direct(China-Europe)」と表示する。

2017年5月18日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本通運/文書電子化サービス「スマートスキャニング」販売開始
ブリヂストン/欧州子会社が仏大手タイヤ小売チェーン Ayme社を買収
ニトリホールディングス/中国物流子会社の株式を譲渡
ハマキョウレック ス/定款を一部変更
日本通運/韓国マルチカントリーコンソリデーションサービスで苫小牧向け輸入混載貨物の受託を開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本通運」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ