ANA/総合トレーニングセンター(仮称)を新設|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流不動産・施設:ANA/総合トレーニングセンター(仮称)を新設

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

ANA/総合トレーニングセンター(仮称)を新設

総合トレーニングセンター(仮称) 新設について

~世界最新鋭の設備を有した施設で実際のオペレーションを想定した訓練を実施します~


 ANAは、将来の航空需要の増加に備え、世界最新鋭の設備を有する訓練施設「総合トレーニングセンター(仮称)」を新設し、航空運送事業の基盤である安全性を高めるとともに、品質・サービスの源泉となる「人」への投資を積極的に進めます。また、これまで非公開だった訓練施設の一部を公開し、多くのお客様にANAを感じて頂く機会を提供します。

1.総合トレーニングセンター(仮称)概要

(1)場所
東京都大田区羽田旭町10-1他 ※京浜急行空港線 穴守稲荷駅から徒歩6分

(2)スケジュール
着工日 : 2017年7月予定
供用開始 : 2020年3月予定

(3)建物概要
敷地面積 : 約33千m2 
建物面積 : 約59千m2 (2017年4月 計画時点)
構造 : S造(鉄骨造) 地上8階建

(4)主な施設概要(詳細は検討中)

  • ① 訓練エリア
    • ・これまで、羽田周辺に点在していた訓練施設の集約による効率的な訓練を実現
    • ・実際の飛行機の到着から出発までを想定し、運航に関わる全ての社員が合同で訓練できる環境の整備
  • ② 見学エリア (検討中)
    • ・これまで非公開としていた運航乗務員用のシミュレーターや客室乗務員用のモックアップなどの施設を公開。
    • ・ANAの安全への取り組みや努力と挑戦の歴史の紹介、シート等のプロダクトなどを展示するエリアの設置。

 ANAは、新施設での訓練を通じて、経営の基盤である安全の堅持に取り組み、さらなるサービス・品質の向上に努め、世界のお客様に安全で快適な空の旅を提供するエアライングループを目指します。

以上


2017年5月17日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
CBRE/日本の投資市場動向(2017年第1四半期)を公表
日立造船/中国合弁会社の新工場を竣工
日本通運/ビール大手4社の道東地区共同物流をサポート
日本通運/韓国マルチカントリーコンソリデーションサービスで苫小牧向け輸入混載貨物の受託を開始
ヤマト運輸/送り状発行システム「B2クラウド」のサービスを開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「ANA」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ