アルビス/農業事業へ参入|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:アルビス/農業事業へ参入

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

アルビス/農業事業へ参入

「農業事業への参入」のお知らせ

 

 アルビス株式会社(以下、当社)は、子会社「株式会社アルビスファーム信州なかの」の事業所を長野県中野市(以下、中野市)に開設し、農業事業へ参入することにいたしましたので、お知らせします。

     記

1. 概要

 当社は、新鮮で美味しく安全な商品をお届けすることで、地域の皆様の健康で豊かな生活に貢献することを理念としております。この取組みを強化するため、「株式会社アルビスファーム信州なかの」中野事業所を開設し、農業事業へ参入することといたしました。この事業で生産・加工された農産物は、当社店舗で販売するほか、当社惣菜工場において材料として使用する予定です。

 中野市は、きのこ、野菜及び果樹など高品質の農産物を生産する国内有数の農業地域であります。当社は、中野市産の農産物を従来取扱っており、重要な生産地と捉えています。同社が生産する農産物に加え、JA中野市との取組みを強化し、中野市産の農産物の販売を拡大したいと考えております。

 また、中野市においては、この基幹産業である農業の活性化に加えて、障がい者が自信をもって生き生きと生活できる地域社会の実現を目指して「農福連携による地域づくり」を推進しています。

 当社は、この農福連携事業に賛同し、地域行政、地域社会及びJA中野市との関係を強化するとともに、地域の農業サポーターによる技術指導や農産物生産支援を受けながら、障がい者が一般企業等へ就労し自立できるよう、知識と能力の向上に必要な障がい福祉サービスを提供する「就労継続支援A型事業所」の申請手続を開始いたしました。

 今後、遊休荒廃農地の活用など農地の拡大やマルシェ等の開催を通じた地域の皆様との交流を進めてまいります。

 これからも当社は、他地域での農業事業の展開も視野に入れ、地域行政や地域の皆様と協力しながら、地域社会の持続性と健康で豊かな生活の実現を目指すと共に、お客様に新鮮で美味しく安全な商品を安定的にお届けできるよう取組んでまいります。

2. 「株式会社アルビスファーム信州なかの」の概要

 商号(会社名):株式会社アルビスファーム信州なかの

 事業内容:障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障がい福祉サービス事業

 所在地:

  【本 社】富山県射水市流通センター水戸田三丁目4番地

  【中野事業所】長野県中野市大字中野1340-1

 設立日:平成 29 年3月 29 日

 代表者:代表取締役 椎名 昭夫

 資本金:1百万円

 株主:アルビス株式会社 (出資割合 100%)

 事業所開設:平成 29 年9月1日(予定)

 農地面積:約 3.0ha(予定)

 事業所開設時の従業員数:約 15 名(予定)

3. 今後の見通し

 本件による今期業績に与える影響は軽微であります。

以上


2017年4月20日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日清食品/サントリーと北海道の帯広エリアにおける共同配送を2017年6月中旬から開始
ユニ・チャーム/サウジアラビアで第3工場を竣工
飯野海運/中期経営計画「Be Unique and Innovative. ‐創立125周年(2024年)に向けて‐」を策定
CBRE/首都圏の大型マルチテナント型物流施設、空室率は6.5%に低下
アスクル/「ASKUL Logi PARK 首都圏」周辺環境調査の結果を公表

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「アルビス」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ