DHLサプライチェーン/出荷業務において協働ロボットを活用した革新的な実証実験を開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:DHLサプライチェーン/出荷業務において協働ロボットを活用した革新的な実証実験を開始

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

DHLサプライチェーン/出荷業務において協働ロボットを活用した革新的な実証実験を開始

DHLサプライチェーン、出荷業務において協働ロボットを活用した革新的な実証実験を開始

 

 2017年4月5日USA・ウェスタービルおよびドイツ・ボン発-南北米におけるコントラクトロジスティクス業界のマーケットリーダーであり、ドイツポストDHLグループの一員であるDHLサプライチェーンは、米国テネシー州に在るライフサイエンス製品を取り扱う倉庫において、自律型協働ロボットを活用した2ヶ月間の実証実験を開始することを発表しました。今回の実験に採用されたローカス・ロボティクス社の「ローカスボット(LocusBots)」は、作業員に随行し、出荷時の庫内ピッキング作業を支援するロボットです。

 ローカスボットは、庫内作業員の隣を安全に走行し、ピッキングする場所を迅速に特定して作業員がピッキングした製品を運搬します。これにより、作業員はカートを手で押したりカゴを運んだりする必要がなくなります。

 DHLサプライチェーン 北米 ソリューションデザイン担当バイスプレジデントであるエイドリアン・クマールは、「お客様のサプライチェーンをシームレスに改善する上で、こうした先進技術を用いたソリューションを発掘し、倉庫現場に導入することは重要だと考えています。今回は、まずライフサイエンス部門で実証実験を行いますが、成功すれば他の事業にも幅広く展開できる可能性を秘めています。本ロボティクス・プログラムは、当社の導入ステップに則って進めています」と述べています。

 本実証実験では、ローカスボットを用いて様々なピッキング方法を試し、ロボットの作業員および倉庫管理システムとの連携、移動性能、そして汎用性を確認します。この自律型ロボットのソリューションは、DHLサプライチェーンの既存倉庫のインフラとシームレスに統合される予定です。

 ローカス・ロボティクス社のCEOであるリック・フォーク氏は、「多様な倉庫環境において当社の製品価値をこのような形で証明できるのは非常に喜ばしいことです。当社では、中小企業からグローバル企業まで様々な企業の業務改善を支援すべく、導入し易く、拡張性の高いソリューションを構築してきました。今回、DHLサプライチェーンとともに実証実験を実施できることを楽しみにしています」と述べています。

 ※DHLサプライチェーンでは、コ・パッキング(組み合わせ梱包)や、組立、キッティング、包装・梱包、および販売準備サービス(*)など各種付加価値サービス業務において、「バクスター(Baxter)」および「ソーヤー(Sawyer)」という2種類の協働ロボットを用いた実証実験も進めています。さらに、庫内において作業員に追従し、ピッキング作業を支援する全自動式台車「エフィボ(EffiBO)」の実証実験にも成功しました。

 *納品後に販売可能な状態まで事前準備を支援するサービスを指します。本サービスには、不要な梱包材を取り除き、リサイクル・処理までの管理も含みます。

【DHLの概要】

 DHL-世界のロジスティクス企業

 DHLはロジスティクス業界のグローバルにおけるリーディングブランドです。グループの各部門が提供するサービスは、他社の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、Eコマースの受注・商品配送、国際エクスプレス、陸上、航空・海上輸送、産業サプライチェーンマネジメントにまで及びます。世界220以上の国・地域で35万人の従業員が、人々やビジネスをしっかりと確実に繋ぎ、グローバル貿易のフローを支えています。テクノロジー、ライフサイエンス・ヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売などの産業、成長市場向けの特別なソリューション、これまでの社会的責任へのコミットメント実績および発展市場における強固な事業基盤から、「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。

 DHLは、ドイツポストDHLグループ傘下のブランドで、グループ全体の2016年の売上は570億ユーロ超に達します。

 詳しくはDHLのウェブサイト(http://www.dhl.co.jp)まで<http://www.dhl.co.jp)まで>

【DHLサプライチェーン株式会社】

 本社所在地:東京都品川区北品川4丁目7番35号

 代表取締役社長:ギャビン マードック


2017年4月19日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
JAL/ロボットを活用した手荷物搬送支援の実証実験をスタート
プロロジス/千葉県市川市の「プロロジスパーク市川3」で 大手物流企業と賃貸契約を締結、竣工前に契約率75%に
キヤノンITソリューションズ/サイバネットシステムとビッグデータ可視化ツールの販売代理店契約を締結
I・Oデータ/工場や倉庫やビルなどの大規模な施設におすすめなM2M通信に最適な「HD-PLC」マルチホップ
エアロセンス/ZMPと、ドローンと自動運転車を連携した有線給電自律飛行の取り組みを開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「DHLサプライチェーン」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ