岩谷産業/国内初、大型車両への本格的な充填が可能な水素ステーション|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースグリーン物流(環境):岩谷産業/国内初、大型車両への本格的な充填が可能な水素ステーション

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

岩谷産業/国内初、大型車両への本格的な充填が可能な水素ステーション

2017年03月16日(木曜日)

国内初、燃料電池バスへの本格的な充填が可能な水素ステーション
~ 電気代などランニングコスト削減への新たな取り組み ~

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、水素社会の早期実現に向けて商用水素ステーションの整備に取り組んでいますが、本日、「イワタニ水素ステーション 東京有明」の開所式を行いました。
同水素ステーションは、燃料電池バス(FCバス)など大型車両に対応するために、液状の水素を圧縮する「液化水素ポンプ」を採用しています。また、将来、極低温ガスである液化水素の冷熱利用で冷凍機負荷の低減を図り、電気代などのランニングコスト削減を目指すなど、FCバス普及拡大への一助となるべく新たな取り組みを進めてまいります。

 

「イワタニ水素ステーション 東京有明」の概要

名       称 : イワタニ水素ステーション 東京有明
所  在  地 : 東京都江東区有明1-8-5
敷地面積 : 約3,200m2 (約970坪)
水素供給 : 液化水素貯蔵 (オフサイト供給)
液化水素ポンプ昇圧能力 :

80kg/h 

※1時間当たり16台のFCV満充填が可能、または1時間当たり4台のFCバス満充填が可能

 

充填時間 :

FCV3分/台

FCバス15分/台

充填圧力 :

82MPa(メガパスカル)

※1メガパスカル≒10気圧

主要設備構成 : 液化水素貯槽、液化水素ポンプ、高圧蓄圧器、ディスペンサーなど
特       長 : 液状の水素をポンプで直接圧縮する次世代昇圧設備を備えており、FCバスなど大型車両への本格的な水素充填が可能。
○コンパクトかつ高効率
○ポンプ直充填による連続充填が可能
○将来、極低温ガスの冷熱を利用し、冷凍機負荷の大幅な低減が見込める 

 

【イワタニ水素ステーション 東京有明】

 


2017年3月17日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
トヨタ自動車/英国工場へ新規投資
日本郵便/青い鳥郵便葉書の無償配付
NTN/米国でドライブシャフト用部品の旋削・熱処理を行う新工場を設立
日立物流/本社を移転
パナソニック/PDP第3、第4工場建物の譲渡を完了

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「岩谷産業」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ