NTN/米国でドライブシャフト用部品の旋削・熱処理を行う新工場を設立|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:NTN/米国でドライブシャフト用部品の旋削・熱処理を行う新工場を設立

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

NTN/米国でドライブシャフト用部品の旋削・熱処理を行う新工場を設立

米国でドライブシャフト用部品の旋削・熱処理を行う新工場を設立2017年3月17日広報ニュース

NTN株式会社(以下、NTN)と高雄工業株式会社、高周波熱錬株式会社の3社は、米国におけるドライブシャフト用部品の生産能力の増強を目的として、3社の合弁会社であるNTK Precision Axle Corporation(以下、NTK)の第2工場をインディアナ州アンダーソン市に新設することを決定しましたのでお知らせします。

1.NTK第2工場新設の狙い

NTNは、中期経営計画「NTN 100」の基本方針のひとつに「稼ぐ経営」を掲げ、その重点施策として「ドライブシャフト事業の構造改革」に取り組んでいます。取り組みにおいては、需要地における現地調達率を高めることで、為替変動や事業環境の影響を抑え、収益改善に注力しています。

このたび、米国の堅調な自動車需要を背景に、これまでドライブシャフト用部品であるシャフトの旋削、熱処理加工を担ってきたNTKの能力増強を目的に、第2工場新設を決定しました。新工場は、2015年に設立したドライブシャフトの完成品工場であるNTN DRIVESHAFT ANDERSON, INC.(NDA)の西側土地に建設し、シャフトの旋削、熱処理加工を行います。

新工場の設立により、これまで米国におけるフル生産に加えて、国外および外部より調達していたシャフトの生産集約を図ることで、コスト競争力を強化するとともに供給体制の安定化による、「顧客満足度世界No.1の"NTNのドライブシャフト"」に向けた変革を加速してまいります。

2.今後の計画

2017年4月から順次着工し、2018年4月から量産を開始予定。

3.NTK第2工場(新設)の概要

(1)所在地 米国インディアナ州アンダーソン市
(2)事業内容 ドライブシャフト用部品(シャフト)の旋削および熱処理加工
(3)敷地面積 約162,000m2
(4)延床面積 約32,000m2
(5)従業員数 約200名(2021年度、予定)

NTK Precision Axle Corporation 第2工場完成予想図NTK Precision Axle Corporation
第2工場完成予想図

4.NTKの概要

(1)会社名 NTK Precision Axle Corporation
(2)所在地 米国インディアナ州フランクフォート市
(3)事業内容 ドライブシャフト用部品とハブベアリング用部品の旋削および熱処理加工
(4)資本金 15百万米ドル
(5)出資形態 NTN USA(NTNの100%子会社)60%
高雄工業20%、NETUREN USA(高周波熱錬の100%子会社)20%

ご参考

ドライブシャフトについて

ドライブシャフトについて

ドライブシャフトは、自動車のエンジンの回転を常に等速で滑らかにタイヤに伝達するために、等速ジョイント(CVJ)とシャフトを組み合わせた部品で、FF車や4輪駆動車、またFR車の独立懸架方式にも用いられます。自動車の低燃費や静粛性、快適性に対するニーズがますます高まっており、ドライブシャフトはこれらに大きな影響を及ぼす重要な部品です。

NTN米州生産拠点

NTN米州生産拠点


2017年3月17日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
パナソニック/PDP第3、第4工場建物の譲渡を完了
岩谷産業/国内初、大型車両への本格的な充填が可能な水素ステーション
ヤマト運輸/宅急便の12~14時の時間指定を廃止
佐川急便/「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2017」において「企業・産業部門」で最優秀レジリエンス賞を受賞
オイレス工業/簡易株式交換によるルービィ工業の完全子会社化を発表

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「NTN」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ