全日本空輸/CYBERDYNE社「HAL作業支援用(腰タイプ)」の活用による作業負荷低減に向けたトライアルの拡大|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流関連商品:全日本空輸/CYBERDYNE社「HAL作業支援用(腰タイプ)」の活用による作業負荷低減に向けたトライアルの拡大

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

全日本空輸/CYBERDYNE社「HAL作業支援用(腰タイプ)」の活用による作業負荷低減に向けたトライアルの拡大

CYBERDYNE社「HAL®作業支援用(腰タイプ)」の活用による
作業負荷低減に向けたトライアルの拡大

~空港業務の様々な場面における有効性の本格検証を開始~


 全日本空輸株式会社(東京都港区、代表取締役社長:篠辺修、以下ANA)は、CYBERDYNE株式会社(茨城県つくば市 代表取締役社長:山海嘉之、以下 CYBERDYNE)との連携により、空港業務における作業負荷低減に向けて、「HAL®作業支援用 (腰タイプ)」(※ 以下HAL®)の有効性検証のトライアルを拡大します。

 これまで、ANAグループでは2016年11月より、成田空港においてHAL®を使用し、手荷物を取扱う業務を中心に作業負荷低減について有効性の検証を実施し、作業負荷低減の効果を一部業務で確認することができました。

 今般、2017年4月よりHAL®の台数を大幅に増やすことで検証体制を強化し、国内主要空港等において、対象業務を手荷物取扱業務にとどまらず、グランドハンドリング業務や航空機部品のロジスティック業務等へと拡大させ、空港業務の様々な場面における有効性の確認に向けて、共同検証を進めてまいります。

 HAL®によって、重量物の運搬時にかかる腰部への負荷を低減することで、従来の重作業を楽に行うことができるため、腰痛を引き起こすリスクが下がるなど労働環境の改善や労働災害の低減に役立つことが期待されています。ANAグループでは、今後とも空港業務における作業負荷の低減や作業性の向上を通じて、誰もが働きやすい魅力ある環境の整備に取り組んでまいります。

検証概要

  • ・期間:2017年4月1日(土)から2018年3月末日まで
  • ・検証業務:手荷物取扱業務、貨物取扱業務、航空機部品の運搬業務等
  • ・検証内容:重量物の運搬に伴う腰部への負荷低減や生産性向上を検証
  • ・使用台数:25台

2017年3月17日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ヤマト運輸/宅急便の12~14時の時間指定を廃止
日立物流/本社を移転
ANAグループ/国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を同額で設定
味の素/ミャンマーで粉末飲料の工場を新設
オイレス工業/簡易株式交換によるルービィ工業の完全子会社化を発表

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「全日本空輸」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ