物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

味の素/ミャンマーで粉末飲料の工場を新設

味の素(株)、ミャンマーで粉末飲料の工場を新設
投資総額約25億円、2017年3月着工
~ミャンマー市場へ本格参入~

 味の素株式会社(社長:西井孝明 本社:東京都中央区)は、2016年2月に設立したミャンマー味の素食品社(Myanmar Ajinomoto Foods CO., LTD.、以下「MAF社」)において、粉末飲料「Birdy®」 3 in 1(「バーディー」3 in 1)の工場をヤンゴン管区のティラワ経済特区内に新設します。投資額は約22百万米ドル(約25億円)で、2017年3月中に着工する予定です。2017年9月に生産(包装)・販売開始を予定しているうま味調味料「味の素®」と合わせ、製品ラインアップを拡充し、ミャンマー市場に本格参入して世界各国における「おいしさ
No.1」の実現を目指します。

(外務省HPより)

 ミャンマーの人口は約51百万人、GDP成長率は約6.3%(2016年、国際通貨基金推定)で、今後も高い経済成長が見込まれます。
ミャンマーにおける粉末飲料の市場規模は2016年に約247千トン(前年比112%、当社推定)と、タイの約2倍の規模を持つ有望な市場で、近年、競争が激化しています。

 こうした環境の下、当社はMAF社の生産販売体制の早期構築および製品ラインアップ拡充のため、同社の資本金を45百万米ドル(約51億円)に引き上げ、ティラワ経済特区に粉末飲料の工場を新設することとしました。これにより、ミャンマーの生活者のニーズに合った製品を提供するとともに現地に根差したマーケティング活動や販売活動を推進します。MAF社の新工場は2018年2月に稼働開始、4月より新工場で生産した粉末飲料を販売する予定です。今後は調味料や加工食品など多角化も検討し、更なる事業の拡大を目指します。

 当社は、2017-2019中期経営計画において、食品事業の地域ポートフォリオ強化を通じた成長を目指すべく、新地域展開の加速を重点戦略の一つとして掲げています。ミャンマー市場への本格参入は、アセアンにおける事業展開を加速させる重要な施策です。当社は、現地の食生活・食文化に適合した製品カテゴリの展開を通じて、現地の生活者のより健やかな生活に貢献します。

※ 1米ドル=112.56円(2017年2月末レート)

タイ ベトナム
  
タイ、ベトナムで販売している「Birdy®」3 in 1 粉末飲料工場の外観イメージ図

<粉末飲料工場の概要>
(1) 所在 ミャンマー連邦共和国ヤンゴン管区ティラワ経済特区内
(2) 投資 約22百万米ドル(約25億円)
(3) 敷地面積 土地 約34,471m²、工場延床面積 約7,744m²(建屋構造3階建て)
(4) 稼働開始 2018年2月(予定)

参 考

ミャンマー味の素食品社の概要
(1) 英文会社名 Myanmar Ajinomoto Foods CO., LTD.
(2) 所在 ミャンマー連邦共和国ヤンゴン管区ティラワ経済特区内
(3) 設立時 2016年2月
(4) 代表 社長 小川 智(おがわ さとし)
(5) 資本 45百万米ドル(約51億円)
(6) 株主構 味の素アセアン地域統括社90%、タイ味の素社10%
(7) 従業員 6名(2017年2月現在)
(8) 事業内 うま味調味料「味の素®」の生産(包装)・販売、粉末飲料「Birdy®」3 in 1生産・販売