日本郵船/ノルウェーの「National Maritime Summit」でグループの取り組みを講演|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本郵船/ノルウェーの「National Maritime Summit」でグループの取り組みを講演

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本郵船/ノルウェーの「National Maritime Summit」でグループの取り組みを講演

ノルウェーの「National Maritime Summit」で当社グループの取り組みを講演
―船舶運航へのIT技術活用に積極投資―

2017年3月16日

 
MTI 安藤船舶技術部門長 講演時の様子

当社グループは2月にノルウェー・ハウゲスンで開催された「National Maritime Summit」の招待を受け、連結子会社である株式会社MTIの安藤英幸船舶技術部門長が当社グループにおける船舶運航へのIT技術活用に関する取り組みについて講演を行いました。

講演では「Digitalization in Shipping -the future as seen by Nippon Yusen Kaisha(NYK)-」と題し、船舶へのデジタルツイン(注)技術活用の展望や、航路計画・配船・船型改良の最適化にビッグデータを活用してきた実績を紹介しました。また、昨年国土交通省の補助対象事業に採択され当社グループが研究開発を進めている、他船との衝突防止や遠隔操作などの自律操船技術、機関プラントの状態監視技術、船体構造強度の測定技術なども紹介し、技術開発に積極的なノルウェー海事産業と当社グループとのさらなる連携への可能性についても言及しました。

本サミットはノルウェー海事局のあるハウゲスンで開催され、第24回となる本年は同国のモニカ・メーラン(Monica Mæland)貿易・産業大臣、ヒェーティル・ソールヴィーク=オルセン(Ketil Solvik-Olsen)運輸・通信大臣の講演も行われました。

当社グループは、船舶の安全性・経済性の向上および国際的な競争力の強化のため、今後も積極的に国内外のパートナーとの技術開発に取り組んでいきます。

(注)デジタルツイン 
工場や製品などに関わる物理世界の状況をIoTデータの活用によりそのままデジタル上でリアルタイムに再現すること。

<関連プレスリリース>
2016年6月29日発表:日本郵船とMTIが共同で参画する4件のプロジェクトが国交省選定「先進安全船舶技術研究開発支援事業」に採択
http://www.nyk.com/release/4207/004360.html

以上
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。


2017年3月16日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本郵便/伊予鉄高島屋に宅配ロッカー「はこぽす」を設置
外務省/モザンビークに無償資金協力、物流のボトルネック解消へ
ジャパンディスプレイ/鳥取工場の能力増強とモジュール開発自動組み立てラインを新設
ANAグループ/国際線貨物「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を同額で設定
JXエネルギー/サウジアラムコと協業検討に関する覚書を締結

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本郵船」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ