DHLジャパン/Jリーグ浦和レッズと 11年目のトップパートナーシップ契約を更新|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:DHLジャパン/Jリーグ浦和レッズと 11年目のトップパートナーシップ契約を更新

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

DHLジャパン/Jリーグ浦和レッズと 11年目のトップパートナーシップ契約を更新

DHLジャパン、Jリーグ浦和レッズと 11年目のトップパートナーシップ契約を更新

浦和レッズ選手着用による2017シーズンユニホーム
国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、Jリーグサッカークラブチーム 浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ、本拠地:埼玉県さいたま市)とのトップパートナーシップ契約を更新し、2017年シーズンも引き続き同チームをサポートします。

今回の契約延長により、引き続き同チームの国内公式試合ユニフォームショーツおよびプラクティスウェア(練習着)の背面や浦和レッズのホームスタジアムである埼玉スタジアムにDHLロゴが掲出されます。このトップパートナーシップは、2007年浦和レッズが日本勢として初めて優勝を果たしたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を機に開始され今年で11年目を迎えます。グローバル規模で輸送ビジネスを展開するDHLは、3年連続出場となるACLを皮切りに2017年世界を目指す浦和レッズの挑戦を、引き続きサポートしていきます。

DHLジャパン株式会社代表取締役社長の山川丈人は、「Jリーグ随一の実力を持つ浦和レッズと、世界9万人の従業員が連携しグローバル規模でお客様のビジネスの成功を支えるDHLは、「スピード」、「チームワーク」といったコアバリューを共有しています。業界トップでありながら挑戦者としての価値観を持つDHLは、最高のパフォーマンス追求し世界の強豪へ挑む浦和レッズを応援しています」と述べています。

浦和レッドダイヤモンズ代表取締役社長の淵田 敬三氏は「国際舞台へ挑戦する我々にとって、世界規模で事業を展開するDHLに継続して支援いただけることを心強く思います。3年連続出場となるACLでは、チーム一丸となってアジアチャンピオンを目指して闘い抜きたいと思います」と述べています。
 

2017年1月11日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
SBSフレイトサービス/2017年度新年祈願を実施
SITCジャパン/堺泉北港~中国華中~東南アジア新規航路開設式典を開催
キユーソー流通システム/役員人事を公表
アルペン/連結子会社のスポーツロジスティックスを吸収合併
シーアールイー/北海道千歳市で物流施設「ロジスクエア千歳」の開発に着手

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「DHLジャパン」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ