豊田通商/インド州政府・JBICと工業団地事業に関する覚書を締結|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:豊田通商/インド州政府・JBICと工業団地事業に関する覚書を締結

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

豊田通商/インド州政府・JBICと工業団地事業に関する覚書を締結

インド州政府・JBICと工業団地事業に関する覚書を締結
~豊田通商グループが運営する工業団地にJBICが出資~

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、1月10日付でインド・グジャラート州政府および株式会社国際協力銀行(以下、JBIC)と同国で展開する工業団地事業への取り組みに関する覚書を締結しました。
本覚書はインド・グジャラート州で開催されている投資サミット「バイブラント・グジャラート」の期間中に、インド・グジャラート州の鉱工業省タネジャ次官、グジャラート州産業開発公社ターラ総裁、JBIC藤野真司執行役員、豊田通商の横井靖彦副社長、林靜常務執行役員にて調印されました。

本覚書では豊田通商グループ会社TechnoTrends AutoPark Private Limited(以下、テクノトレンドオートパーク)が、経済産業省と日本貿易振興機構(JETRO)が支援するマンダル日本企業専用工業団地内に展開するプラグアンドプレイ型貸工場(※1)の運営に関し、以下4つの側面で協力体制を構築することを表明しました。

①豊田通商は本事業を通じ、日本企業のインド進出・投資の促進を図ること。
②JBICはテクノトレンドオートパークへの出資を通じ、プラグアンドプレイ型貸工場に入居する日本企業の海外事業展開を支援すること。
③インド・グジャラート州政府はテクノトレンドオートパークが入居するマンダル日本企業専用工業団地のさらなる開発に従事すること。
④インド・グジャラート州政府はテクノトレンドオートパークおよび入居する日本企業に対し、政府への諸手続きの側面からも支援を行うこと。

また本覚書の締結を受け、JBICはテクノトレンドオートパークに対し、最大488百万インドルピー(約8億円)の出資します。

豊田通商は1998年にインド・バンガロールで自動車向け生産支援事業であるテクノパーク事業を開始したことを皮切りに、現在インドに4カ所、タイ、インドネシア、カンボジアの計4カ国7カ所で事業を展開しています。

今回のインド・グジャラート州でのプラグアンドプレイ型貸工場は場所の提供のみではなく、会社設立、政府許認可取得支援をはじめ共同通勤バスや食堂、共有インフラの運営などを通じ、安心して、日系企業が海外進出できる環境を整備し、2017年1月に操業開始します。

豊田通商は、インドを重点国と位置付けており、本覚書を通じ、インドにおける日系企業の進出・投資が促進するよう、「Make in India」を掲げるインドの発展に一層貢献していきます。

※1 プラグアンドプレイ型貸工場
土地建屋の取得や電力・水の確保、許認可取得支援、工場周辺サービスなどを整備し"コンセントをつなぐだけで簡単に操業できる"環境やサービスを提供すること。

プラグアンドプレイ型貸工場の外観


2017年1月11日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東洋ゴム工業/北米タイヤ事業におけるR&D拠点機能を確立へ
マルイチ産商/ロジスティクス機能およびリテールサポート機能と営業部門全体との 連携強化のためSCM本部を解消
村田製作所/世界最小サイズ(1.2×1.0mm)水晶振動子の量産を開始
日本郵便/船舶のドック入りに伴う郵便物等のお届け遅延に関するお知らせ
SGホールディングス・グローバル/シンガポール事業法人2社を統合し「SG佐川アメロイド株式会社」へ

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「豊田通商」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ