マルイチ産商/ロジスティクス機能およびリテールサポート機能と営業部門全体との 連携強化のためSCM本部を解消|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース人事・組織:マルイチ産商/ロジスティクス機能およびリテールサポート機能と営業部門全体との 連携強化のためSCM本部を解消

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

マルイチ産商/ロジスティクス機能およびリテールサポート機能と営業部門全体との 連携強化のためSCM本部を解消

組織変更、役員の職務分担の変更及び人事異動のお知らせ

当社は、平成 29 年1月 10 日開催の取締役会において、下記のとおり組織変更、役員の職務分担 の変更及び人事異動を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1.組織変更の主旨

次年度からの新中期経営計画の推進に向けた体制強化を目的に、下記のとおり組織変更を 行います。

2.組織変更の内容

(1)平成 29 年2月1日付

① 当社グループのロジスティクス機能およびリテールサポート機能と営業部門全体との 連携強化のため、SCM本部を解消し、同本部管下の物流業務等を事業とする連結 子会社マルイチ・ロジスティクス・サービス㈱および小売業の店舗支援を事業とする 連結子会社AES㈱を営業部門の管下におく。

※ なお、連結子会社AES㈱は平成 29 年3月 31 日をもって解散し、平成 29 年4月1日 を期日として当社へ事業の全部を譲渡する予定です。今後は同社が保有する機能を営 業部門全体で承継し、組織横断的にリテールサポート機能の強化を図ってまいります。 なお、本件が平成 29 年3月期の当社連結業績に与える影響は軽微です。

② 水産事業部の商品政策の推進強化のため、水産商品本部を「生鮮商品本部」、「塩冷商 品本部」に再編し、生鮮商品本部の管下に「鮮魚部」、「大物部」を、塩冷商品本部の 管下に「鮭鱒部」、「塩冷加工部」を設置する。また、デイリー商品本部を本部格とし、 管下に「デイリー商品部」、「広域営業部」を設置する。

③ 畜産デリカ商品本部を「畜産デリカ商品部」に、食品商品本部を「食品商品部」に、 フードサービス商品本部を「フードサービス商品部」にそれぞれ改称する。 ④ 畜産事業部の長野畜産部を「長野広域販売部」に、松本畜産部を「松本広域販売部」 に、首都圏畜産部を「首都圏広域販売部」にそれぞれ改称する。

(略)


2017年1月10日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
川西倉庫/六甲ターミナル営業所六甲物流センターを新設
豊田通商/インド州政府・JBICと工業団地事業に関する覚書を締結
近鉄エクスプレス/シンガポール子会社の1月1日付役員異動を公表
キユーソー流通システム/役員人事を公表
ジャパン マリンユナイテッド/次世代型自動車運搬船APOLLON HIGHWAYを引渡し

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「マルイチ産商」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ