ジャパン マリンユナイテッド/次世代型自動車運搬船APOLLON HIGHWAYを引渡し|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:ジャパン マリンユナイテッド/次世代型自動車運搬船APOLLON HIGHWAYを引渡し

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

ジャパン マリンユナイテッド/次世代型自動車運搬船APOLLON HIGHWAYを引渡し

次世代型自動車運搬船" APOLLON HIGHWAY "引渡し

2017.01.06

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:東京都港区、社長:三島 愼次郎)は、1月6日(金)、有明事業所(熊本県玉名郡長洲町)にて建造していた川崎汽船株式会社殿(東京都千代田区)向け次世代型自動車運搬船" APOLLON HIGHWAY "(アポロン ハイウェイ)を引き渡しました。
 
 本船は、パナマ運河拡張に対応した幅広新船型の自動車運搬船で、当社が受注した自動車船4隻シリーズの3番船です。
3層のリフタブルデッキを含む13層のデッキを有し、乗用車・トラック、重車両のほか、鉄道車両などの長尺・大型貨物の積載が可能となっています。

 省エネ技術として、水面上の船首部に風圧抵抗低減形状を採用し、自動車運搬船に大きな影響をもたらす風による抵抗を低減しています。また、船尾には舵前端部にSURF-BULB®を装備しており、プロペラ旋回流のエネルギーロスを回収し燃料費の削減に寄与しています。
その他にも、高効率プロペラ、冷却海水ポンプならびに機関室通風装置のインバータ制御、発電機エンジン排ガスエコノマイザ、ボイラー水エマルジョン装置、LED照明、低摩擦塗料、遮熱塗料などの多様な省エネ・CO2削減技術を採用しています。

【本船概要】
主要寸法     :全長199.99m x 幅37.50m x深さ38.23m x 喫水9.925m
載貨重量     :20,321トン
総トン数      :76,299
主機関       :MAN B&W 7S60ME-C8.2
航海速力     :20.00ノット
定員        :31名
船級        :NK
船籍        :パナマ


2017年1月10日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本通運/「春の引越しキャンペーン~侍ジャパンを応援しよう!~」を実施
川西倉庫/六甲ターミナル営業所六甲物流センターを新設
商船三井/アマゾン・サービス(CX1)を改編
久留米運送/大阪物流サービス大阪流通センターがオープン
マルイチ産商/ロジスティクス機能およびリテールサポート機能と営業部門全体との 連携強化のためSCM本部を解消

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「ジャパン マリンユナイテッド」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ