横浜ゴム/産業車両用タイヤ会社を買収|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:横浜ゴム/産業車両用タイヤ会社を買収

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

横浜ゴム/産業車両用タイヤ会社を買収

横浜ゴム、産業車両用タイヤ会社を買収

横浜ゴム株式会社(以下横浜ゴム)は、生産財タイヤ事業の拡大のため、愛知タイヤ工業株式会社(本社所在地愛知県小牧市、以下 愛知タイヤ工業)の全株式を取得することを、同社の株主と合意した。2017年3月中の買収完了を想定している。

愛知タイヤ工業は、産業車両用タイヤであるクッションタイヤやソリッドタイヤの製造・販売を日本を中心に事業展開し、日系の産業車両メーカーと広く取引を行っている。
  
現在、横浜ゴムは中期経営計画「GD100」のフェーズⅣ(2015年~2017年)に取り組んでおり、タイヤ事業戦略の柱のひとつとして「生産財タイヤ事業の拡大に向けた戦略」を掲げ、2015年10月には、米国ミシシッピ州のトラック・バス用タイヤ新工場を稼動させ、2016年7月にはオフハイウエイタイヤの専業メーカーであるAlliance Tire Groupを買収し拡大を促進している。今回の愛知タイヤ工業の買収により、生産財タイヤ事業をいっそう強化・拡大させる。

愛知タイヤ工業の概要

社名  :愛知タイヤ工業株式会社
所在地 :愛知県小牧市大字大草字年上坂5827番地1
主要事業 :産業車両用タイヤの製造販売(クッションタイヤ・ソリッドタイヤ)
工業用ゴム製品の製造販売・施工
生産拠点:小牧工場、春日井工場(ともに愛知県)
設立年月:1942年7月
取締役社長:長瀬 正義
資本金 :98百万円
売上高 :74億円(16年3月期)
営業利益 :5.9億円(16年3月期)


2017年1月 6日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
住友ゴム工業/小型トラック・小型バス用低燃費タイヤDUNLOP「エナセーブ SP LT50」新発売
国土交通省/車両搭載センシング技術を活用した道路基盤地図データの収集実験を開始
宇部興産/三菱重工業と両社子会社の射出成形機事業統合を完了
DeNA/自動運転車両を活用した新たな交通サービスプラットフォームの開発を決定
川崎重工業/ばら積運搬船「KN AMETHYST」を引き渡し

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「横浜ゴム」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ