国土交通省/車両搭載センシング技術を活用した道路基盤地図データの収集実験を開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:国土交通省/車両搭載センシング技術を活用した道路基盤地図データの収集実験を開始

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/車両搭載センシング技術を活用した道路基盤地図データの収集実験を開始

車両搭載センシング技術を活用した道路基盤地図データの収集実験の開始について

平成29年1月6日

 国土交通省生産性革命プロジェクトにおいて、特大トラック輸送の機動性強化を図るため、電子データを活用した自動審査システムを強化し、特車通行許可を迅速化することとしています。
 これを実現するため、道路管理用車両に搭載して効率的に道路基盤地図データを収集するためのセンシング技術を昨年9月28日に公募を行い、このたび応募企業による実験を開始することとしましたのでお知らせします。
 なお、今後収集するデータについては、自動運転の道路基盤地図への活用も検討していきます。

 実験概要 

➀  国土技術政策総合研究所試験走路での走行実験
 実験期間:平成29年1月10日(火)~13日(金)
 検証項目:【基本要件】 ・主要地物(車道交差部の形状、区画線)の位置情報(緯度・経度及び標高)を3次元で取得できること
                 及び位置情報(緯度・経度)を2次元で図化できること。  等
         【期待する項目】 ・自動的に標準偏差25cm を満たす精度を確保できること。
                   ・導入コスト、運用コストも含め低価格であること。       等

➁  公道での走行実験
 実験期間:平成29年1月16日(月)~19日(木)
 走行区間: 国道16号、国道126号(千葉県千葉市)
 検証項目:・➀の検証項目に加え、バス停、距離標、標識の位置情報を3次元で取得できること
          及び2次元で図化できること。
         ・トンネル等の遮蔽物の影響の有無。     等

添付資料

記者発表資料(PDF形式)PDF形式


2017年1月 6日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
横浜ゴム/産業車両用タイヤ会社を買収
独立行政法人海技教育機構/船乗りの定番メニュー・カレーを商品化、帆船日本丸・海王丸の味を再現
Amazon.com/2016年のホリデーシーズンに出荷されたFBA対象商品は世界で前年比50%以上増加
DeNA/自動運転車両を活用した新たな交通サービスプラットフォームの開発を決定
川崎重工業/ばら積運搬船「KN AMETHYST」を引き渡し

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ