SBSグループ/混沌とした世の中で一段と「突き抜ける」 存在に(鎌田正彦代表、年頭のご挨拶)|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:SBSグループ/混沌とした世の中で一段と「突き抜ける」 存在に(鎌田正彦代表、年頭のご挨拶)

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

SBSグループ/混沌とした世の中で一段と「突き抜ける」 存在に(鎌田正彦代表、年頭のご挨拶)

SBSグループ代表 鎌田正彦、年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。気候も穏やかで、皆さん、気持ちよいお正月を過 ごされたと思います。さて、SBSグループにとって昨年の一番大きな出来事はインド子会 社からの経営撤退でした。みなさんには大変ご心配をおかけしました。昨年は、その損失か らの回復をめざして国内ロジスティクスに注力した1年となりました。 3PL事業は、新杉田・所沢・印西など、SBSグループ では過去最大となる5万坪の新規立ち上げが、ほぼ軌道に乗 りました。また初対面の方から「SBSグループのトラック を見たよ」と言われるなど、SBSブランドの浸透も実感す るようになりました。ホームページへの問合わせが増えると いった嬉しさと共に、我々の社会的使命を強く認識しました。 私たちは、公道を使って事業を営んでいることから「事故 無き物流会社」を目指さなくてはなりません。昨年初開催し たSBSグループのドラコンでは、私も実際にハンドルを握 り、その責任の重さを一層強くかみしめました。これからも ドラコンをグループ社員全員で盛り上げ、安全の大切さを啓発し続けていきましょう。 さて、私は昨年シリコンバレーに視察に行きました。自動運転車が公道を走るなど IoTの 進化を目の当たりにして、日本でも 10 年以内に相当な自動化が進むだろうと確信しました。 SBSグループでは、既に「カスピアンプロジェクト」というITを活用した車両の動態管 理システムの開発も進行中ですが、これらもさらに速度を上げて推めなくてはなりません。

2017年 SBSグループ方針

1.営業力とSBSブランド力の強化

2.3PL事業の更なる強化

3.物流不動産開発の推進

4.M&Aの積極化

5.海外展開の推進

今年のテーマ

抜きんでる 「卓抜」な先見性を養い、時には「奇抜」とも思え るアイディアを出し合い、「抜群」の機動力をもって 行動する。混沌とした世の中で一段と「突き抜ける」 存在になりましょう!

SBSグループは、今年 12 月に創業 30 周年を迎えます。30 年存続する企業は 0.03%しか ないと言われていますが、SBSグループはその中に入ることができました。これは私の創 業時の願いの一つであり、たいへん喜ばしいことだと感じています。この記念すべき年も、 一致団結してこれまでにない挑戦を続け、一段と「突き抜ける」存在になりましょう。


2017年1月 5日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
SBSグループ/2017年新年会に764名のグループ社員が参加
近鉄エクスプレス/フォワーダーとしての原点回帰を図り「航空輸出重量70万トン、海上輸出容積70万TEU」の達成を実現へ(2017年賀式 社長年頭挨拶)
近鉄エクスプレス/シンガポール子会社の1月1日付役員異動を公表
日本3PL協会/「3PL人材の育成と確保」を最重要課題に(2017年「年頭所感」)
日本パレットプール/金沢市でデポの新設・廃止を実施

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「SBSグループ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ