アサヒグループホールディングス/チェコ・スロバキアなど中東欧5カ国のビール事業を取得|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:アサヒグループホールディングス/チェコ・スロバキアなど中東欧5カ国のビール事業を取得

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

アサヒグループホールディングス/チェコ・スロバキアなど中東欧5カ国のビール事業を取得

中東欧5カ国のビール事業取得(子会社化)に関するお知らせ


 当社はAnheuser-Busch InBev SA/NV(以下、「AB InBev社」といいます。)との統合前にSABMiller plc(以下「SAB社」といいます)が保有していたチェコ、スロバキア、ポーランド、ハンガリー、ルーマニア(以下、「中東欧5カ国」といいます。)事業、及びその他関連資産(以下、「対象事業」といいます。)の取得に関する本日の入札結果を受け、本日、AB InBev社と株式売買契約(以下、「本件取引」といいます。)を締結しましたので、お知らせいたします。

     記

1.本件取引の目的
 当社は、新たに更新した『長期ビジョン』における事業の将来像として、「酒類を中核とする総合飲料食品グループとして、国内では、高付加価値化を基軸とするリーディングカンパニーを目指すとともに、日本発の『強み』を活かすグローバルプレイヤーとして独自のポジションを確立する」ことを掲げています。また、『長期ビジョン』の実現に向けた『中期経営方針』では、「国内収益基盤の盤石化と国際事業の成長エンジン化による『稼ぐ力』の強化」を重点課題の一つに掲げ、海外を中心とした新たな成長基盤の獲得を目指しています。
 こうした戦略の一環として、本年10月には、SAB社のイタリア、オランダ、英国事業及びその他関連資産を取得し、「Peroni」、「Grolsch」といったグローバルプレミアムブランドを中心として、西欧における強い事業基盤を獲得しております。
 本件取引は、同じく統合前のSAB社が保有していた中東欧5カ国の事業会社、及び「Pilsner Urquell」をはじめとする有力ブランドの知的財産権(一部地域を除く、2.(2)を参照)(以下、「対象事業」といいます。)を取得するものであり、西欧事業との親和性も高く、欧州全体に強固な成長ネットワークを築くことが可能となります。
 対象事業は、ピルスナービールの元祖である「Pilsner Urquell」といったグローバルブランドを有していることに加えて、一人当たりのビール消費量が世界で最も多いチェコをはじめ、ポーランド、ハンガリー、ルーマニアでトップシェアとなっており、強い事業基盤を背景とした高い収益性を持つ事業群となります。
 こうした事業及びブランドの買収により、「Super Dry」、「Peroni」、「Grolsch」などと合わせて、有力なプレミアムブランドを軸として成長するグローバルプレイヤーとして、独自のポジションの確立を目指していきます。
 また、日本に次ぐ事業規模となる欧州内でのシナジー拡大などによりキャッシュフロー創出力を高めていくと共に、国内で培ったブランド力やコスト競争力などの「強み」を融合していくことで、国際事業の「稼ぐ力」を高めていく方針です。

2.本件取引の概要
 当社が本日締結した対象事業の買収に関する株式売買契約の概要は次のとおりです。
 (1)契約当事者:(売主)AB InBev社、(買主)当社(但し、当社は別の当社子会社を買主に指名することができます)
 (2)売買対象の株式及び資産:AB InBev社による統合前にSAB社が保有していた中東欧5カ国市場における事業及びその他関連事業を構成する会社の全株式、並びに「Pilsner Urquell」、「Kozel」、「Tyskie」ブランドを含む知的財産権(但し、米国・プエルトリコにおける「Pilsner Urquell」、「Tyskie」、「Lech」ブランドに係る知的財産権、中東欧5カ国市場における「Miller」ブランドに係る知的財産権及び中東欧5カ国市場以外における「Redd\'s」ブランドに係る知的財産権等を除く)その他関連資産
 (3)取得価格:7,300百万ユーロ(キャッシュフリー・デットフリー企業価値ベース)(約8,883億円(※1))
  ※1:1ユーロ=121.69円で換算(12月12日現在)
   アドバイザリー費用:約29億円
 (4)本件買収実行のための先行条件:当社が対象事業の買主として欧州委員会から承認されること

3. 対象事業の概要

本件の譲渡対象企業は全 8 社により構成されますが、譲渡対象企業毎の経営成績及び財政状態が正 確に開示できないため、企業概要については、代表的な企業 1 社についてのみ記載致します。

(1)名称 Plzeňský Prazdroj a.s.

(2)所在地 ピルゼン、チェコ

(3)代表者の役職・氏名 マネージング・ディレクター:Tom Verhaegen

(4)事業内容 ビールの製造販売

(5)決算期 3 月 31 日

(6)資本金 2,000 百万コルナ (9,000 百万円※2 )(2016 年 3 月 31 日現在)

(7)設立年月日 1992 年 5 月 1 日

(8)大株主及び持分比率 Pilsner Urquell Investments B.V.(100%)

(9)従業員数 1,959 人(2016 年 3 月 31 日現在)

(10)当社と該当会社との間の関係

当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係、人的 関係、取引関係はありません。 ※2 : 1 コルナ=4.5 円で換算(12 月 12 日現在)
(略)

5. 株式取得の相手先の概要

(1)名称 Anheuser-Busch InBev SA/NV

(2)所在地 ルーヴェン、ベルギー

(3)代表者の役職・氏名 CEO:Carlos Brito

(4)事業内容 ビールの製造販売

(5)決算期 12 月

(6)払込資本金 1,736 百万米ドル(約 2,005 億円※5 )(2016 年 6 月末)

(7)設立年月日 2016 年 3 月 3 日

(8)大株主及び持株比率 Stichting Anheuser-Busch inBev, stichting administratiekantoor

(ドイツ法人) 34.29% EPS Participations Sarl

(ルクセンブルグ法人) 6.74% BRC SaRL

(ルクセンブルグ法人) 1.94% (2016 年 10 月 11 日現在、制限株式を除く)

(9)従業員数 約 200,000 人(2016 年 10 月末現在)

(10)当社と当該会社との間 の関係

本年 10 月 11 日にお知らせした欧州ビール事業に関する買収に 係る契約を除き、当社と当該会社との間には、記載すべき資本関 係、人的関係、取引関係はありません。なお、当社の関係会社 は、当該会社の一部の商品を、日本国内においてライセンス生産 及び輸入販売しております。 ※5 : 1 米ドル=115.47 円で換算(12 月 12 日現在)

 

6.主なスケジュール
 クロージングまでの今後のスケジュールの概要は次のとおりです。
 [1]AB InBev社との間で株式売買契約を締結:本日
 [2]売買実行のための先行条件充足を条件に、クロージング実行:平成29年上期(予定)

7.業績への影響
 本件買収の実行は、翌期(平成29年)の予定のため、当社の平成28年12月期の個別業績及び連結業績に影響を与える影響はありません。翌期の影響については、確定次第速やかにあらためてご報告いたします。


2016年12月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
中央倉庫 /京都PDセンター倉庫を改築
日本通運/シベリア鉄道を利用した地方港発モスクワ向け一貫輸送サービスを開始
日本紙パルプ商事/ジャスミンソフトへ出資
JNC/タイの複合繊維製造設備が稼働開始
三菱ガス化学/中国のメチルアミン誘導品製造会社の株式を譲渡

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「アサヒグループホールディングス」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ