郵船ロジスティクス/インドネシア・スマラン向け航空輸入オペレーションを開始|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:郵船ロジスティクス/インドネシア・スマラン向け航空輸入オペレーションを開始

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

郵船ロジスティクス/インドネシア・スマラン向け航空輸入オペレーションを開始

インドネシア・スマラン向け航空輸入オペレーションを開始

中部ジャワエリアで総合物流体制を整備

 当社インドネシア法人PT. Yusen Logistics Indonesia(社長:川田和男)は4月1日よりインドネシア・スマラン空港(アフマド・ヤニ国際空港)において、通関、配送などの航空輸入オペレーションを開始しました。これによりスマランで航空輸出入を自営化するとともに、海上フォワーディングとコントラクト・ロジスティクスを組み合わせた総合物流サービスを中部ジャワエリアで提供する体制が整いました。

 ジャカルタの東、約500kmに位置するスマランは中部ジャワ州の州都で、賃金水準などから自動車やアパレルなど労働集約型の産業が近年進出し物流需要が高まっています。これまでは、スマランをはじめとする中部ジャワエリアのお客様向けに航空輸入する際は、ジャカルタ空港で輸入通関し、スマランまで陸送する必要がありました。しかしながら緊急輸送にも対応可能な輸送ルートの構築が望まれていることなどを背景に、今般スマラン空港での輸入オペレーションを自営化し、サプライチェーンの強化を図りました。

 今後はスマラン空港を到着地として輸入通関、配送を当社で一貫手配することでジャカルタからの陸送が不要になり、輸送日数が約1日短縮します。また、空港到着からお客様への配達まで自社による一貫サービスが提供可能となり、空港上屋内での貨物状態の確認や通関へのきめ細やかな対応、トラック積み込み時の立ち合いなど各種輸送管理とともに輸送品質の向上を目指します。


2016年4月22日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本郵船/G6アライアンス、アジアー北米航路で新サービス開始・改編を決定
日立物流/平 成 28 年 熊 本 地 震 の 被 害 に 対 す る 支 援として300万円寄付
GLP投資法人/規約の一部変更及び役員を選任
レンゴー/子会社の山陽自動車運送が新神戸支店竣工
商船三井ロジスティクス/ミャンマー現地法人設立、営業開始

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「郵船ロジスティクス」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ