三井造船/船舶用大型ディーゼルエンジン 2015年度の生産実績が公表|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:三井造船/船舶用大型ディーゼルエンジン 2015年度の生産実績が公表

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

三井造船/船舶用大型ディーゼルエンジン 2015年度の生産実績が公表

2016年04月21日
船舶用大型ディーゼルエンジン 2015年度の生産実績 

ガス焚き舶用ディーゼルエンジン
三井造船株式会社(社長:田中 孝雄)の玉野事業所機械工場(岡山県玉野市)で2015年度に製造した三井-MAN B&W型低速ディーゼルエンジンの生産量は181基、328万馬力となりました。(前年度は181基、354万馬力)

当社は1926年にデンマーク B&W社(現:MAN Diesel & Turbo社)とディーゼルエンジンに関する技術提携を結んで以来、世界のトップメーカーとして生産実績を積み重ね、累積生産馬力は9,000万馬力を超えています。今年度の生産量は380万馬力を予定しており、大型コンテナ船向け超大型エンジンの生産により増加を見込んでいます。

また、玉野事業所機械工場内にシリンダー口径500mmの4気筒テストエンジンを設置し、IMO(国際海事機関) が進めるNOx3次規制やCO2削減につながる製品を開発しています。

さらに、今後さらにマーケットの要求に応えていける体制を整備するために、玉野機械工場の超大型エンジン、ガス焚きディーゼルエンジンおよびNOx3次規制対応への設備投資を計画しています。

当社はガス焚きディーゼルエンジンの受注実績を生かした受注活動を今後も展開し、これまで同様に、バルカーやタンカー、自動車運搬船、LPG船等向けさまざまなエンジンの受注にも注力しています。 

三井-MAN B&W型低速ディーゼルエンジンの生産量及び生産予定
2008年度 214基・470万馬力
2009年度 218基・437万馬力
2010年度 221基・418万馬力
2011年度 220基・431万馬力
2012年度 187基・383万馬力
2013年度 164基・357万馬力
2014年度 181基・354万馬力
2015年度 181基・328万馬力
2016年度 180基・380万馬力 *2016年度は予定

2016年4月21日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
シーアールイー/製造原価・物流コスト低減をテーマに「TPP 研究会」を主催
日本貨物鉄道/鹿児島線開通に伴う貨物列車の運転再開等
三菱地所/ロジクロス厚木が着工
三井造船/大分運搬機(クレーン)工場に「企画開発部」「海外生産推進室」を新設
三井造船/60,000重量トン型ばら積み貨物運搬船「エスビーアイ ゼウス」が引き渡し

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「三井造船」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ